スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年10月28日

長い間アップできませんでした。
元気です。
PCの不具合を放置したまま随分時がたってしまいました。
申し訳ありません。

小田原の秋をお届けします。
なぜか、お堀の水が今までになく緑色になったのはなぜでしょう?
堀3
堀2
堀1
藁

藁の干し方の一つですが、呼び名があるとは知りませんでした。
小田原では、円柱のように積み上げ、一番上に藁の先を結んだ大きな傘を載せたものが主流で「いなむら」と呼んでいました。最近はめっきり見なくなりました。

さて、一日の温度差が大きくなってきました。
風邪などひかぬようご自愛ください。

ではまた!
スポンサーサイト
コメント

No title

PC復活ですか、良かったです

稲わらの需要が少ないのでしょうか
家で鰹のたたき作りませんしね
藁の販売価格を見るとKgあたり米と同じですね・高い!

No title

ご無沙汰です。
藁の価格も高くなっただろうとは思っていましたが、お米と同価格とは驚きです。
昔は掛け干しで稲穂も藁も乾燥してから脱穀というプロセスが、コンバインで刈り取り、お米は乾燥機に直行ですから、藁はこうして一旦干さないといけなくなったのでしょうね!
箱根も紅葉が始まりつつあるようです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。