スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木彫 作品

2016年4月26日

小枝b小枝a

neko.jpgks.jpg
号いるか腰

katachib.jpg

katachia.jpg母子
破れた
スポンサーサイト

第16回 木彫展 2016

2016年4月22日


木彫展 準備完了
今日22日から24日

小田原木彫工房恒例の木彫展。今年も無事開催する事ができました。
お堀の御感の藤も小さな房の花を咲かせ始めています。
2016木彫展1

若葉を楽しみながら、足を運んでみてくださいね。
2016木彫案内

会期:  2016年4月22日(金)〜4月24日(日) 10:00 - 18:30
会場: 小田原宿なりわい交流館


⚫️小田原市のメルマガには、防災や子育てなどとともに、文化事業などを紹介する「文化メール」なるものがあり、現在750名の登録があるとか。
私も、登録しているのですが、今回、木彫展の情報を流していただきました。
興味のある人は、バックナンバーをみて登録してみては!
小田原市文化メールで配信してもらえました。



木彫展 その4 小技も

2015年6月2日

小技も効きます。



お馴染みの安藤さんの作品。首尾一貫して女体ですが、只今、大物は製作中!
今回はこんな小技も。
ここでは作品タイトルを載せてみます。
stocking.jpg「ストッキング」
stocking2.jpg
こういう発想は安藤さんならでは。
あかんべぇ「あかんべぇ」

小枝 「小枝ちゃん1」「小枝ちゃん2」
女像「女像」
この画像の中に最初の「stocking」が写っています。大きさが分かりますね。

中根希子中根希子 ピアノリサイタル
期日 6月7日(日) 14:00 開演 
会場 小田原市民会館大ホール
🔶小田原楽友協会HP
中根希子 ピアノリサイタルはこちら


🔶小田原木彫工房
小田原木彫工房 木彫教室 生徒募集中

チラシ▪️松竹大歌舞伎 9月1日
中村翫雀改め 四代目 中村鴈治郎襲名披露
坂田藤十郎、市川左團次ほか
好評発売中 S席5,500円 A席4,500円 学生1,500円

木彫展 その3 作品タイトル

2015年5月30日

抽象はおもしろい

イメージを形にする
そこに作者の意図がどう現れるのか?
これは具象にもいえることだとは思うが、抽象は奥が深いとは言わないが無限大
言い換えれば、意味不明ともとれる

だからおもしろいと思う
作者によっては、変にイメージを植えつけたくない、先入観をもって見て欲しくないということから
作品名をあえてつけない!という人もいる。

さて、長年、抽象を彫り続けている大磯のSさんの作品。
さ1さ2


タイトルはあるがここでは記さないことにする。
単体でもおもしろいが、ペアだろうな!
おっと、皆さん、先入観を持たずにご自由にご覧ください。

さ3工房の木彫展は「触れる木彫展」として、来場者に木のぬくもり、手触りも楽しんでもらえるようにと案内するときに手に持ってみてもらう、触ってみてもらうことを基本とし、素材は樟が多いが材質も記している。
今年の市美展から、彫塑部門も材料というか、材質がやっと表示されるようになった。
これも、作品名と同じでどこまで表記すべきかはわからないが、私的には大歓迎である。

なんつっ亭<なんつっ亭>さて、作品名といえば、ラーメンのメニューにある名もまた同じなのか。
時々食べたくなるのが秦野のなんつっ亭である。
「ラーメン」を注文し、卵や海苔をトッピングも可能。ねぎラーメン、チャーシュー麺は、名前だけでコンセプトがわかる。
一方で、「俺の空」「なんつっ亭スペシャル」となると名前だけでは想像できないから、とりあえずメニューには写真がある。
名前と味は、食べる人のイメージ次第で、楽しめるのだろう。
これは、「なんつっ亭スペシャル」1,050円である。
おためしあれ!



中根希子中根希子 ピアノリサイタル
期日 6月7日(日) 14:00 開演 
会場 小田原市民会館大ホール
🔶小田原楽友協会HP
中根希子 ピアノリサイタルはこちら


🔶小田原木彫工房
小田原木彫工房 木彫教室 生徒募集中

2015 木彫展 その1

2015年5月2日

さて明日の5月3日は、北條五代まつりなのだが、
先の木彫展のレポートがまだなので順次アップします。

まずは、毎度おなじみ、小田原宿なりわい交流館。
国道1号線が左にクランクするところまでは、かつて御成道として将軍が登城するときに使った道で、小田原市民会館のある大手門のところで左折すると、右側の空き地(駐車場)は旧三の丸堀の跡。100m先の旧東海道の小田原宿の街道筋にあるのがなりわい交流館で、もう、かれこれ10年近く木彫展の会場として使わせてもらっています。
15なりわい
じつは、この看板、交流館の開館にあたっての「看板をあげようプロジェクト」で、小田原木彫工房でお世話になっている北村憲司氏の指導のもと製作されたもので、実は、私もこれにちょっとかかわったことから、看板の裏に名前が彫ってあるのです。

さて、会場は2階。窓を黒紙で塞ぎ、スポットをいくつかセットし、光を調整し、持ち込んだ展示台を組み上げて作品それぞれの展示位置を決めるのです。
3日間の短い会期ですが、結構大勢の方にお越しいただきました。
15会場
さて、まず第1回は、市美展、県展などで入選している平塚さんの作品を3つほど。イメージが定着し始めましたが、一方で、コンセプトも多様化しており新しいアイデアも果敢にトライしているようです。さて、今年の美術展の出品作品はいかに?

15little1
15little3.jpg
15little2.jpg


▪️ART NOW 2015
このGWで、小田原城に行く機会のある方は、是非、天守閣に上がって欲しい。
4月25日に地下街ハルネでNPOフォレストフリーク、FM小田原の主催で開催された「「内山節(たかし)と考える小田原城木造化」のテーマであったあの天守閣である。
6月から来春まで耐震工事で上がれなくなること、また、ただいま4階の展示コーナーで昨年に引き続いて「ART NOW 2015」が開催中で、小田原芸術文化協会会員の作品が展示されているのです。

是非!天守閣に登ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。