スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条五代 

2016年10月7日

怪傑!!北条五連者展
北条五代が今に蘇る!! 小田原ネタ満載のイラスト展
小田原ジャンクション

小田原北条氏は後北条ともよばれ、初代早雲から、五代氏直まで1495年から戦国時代が終わりを告げる1590年まで、川越夜戦、武田信玄、上杉謙信の小田原進行を食い止めるなど95年間にわたり小田原を中心に駿河や関八州を治める一大戦国大名となりました。
その北条五代を小田原の5人のイラストレーターがそれぞれのイメージで描いた北条五代
戦国、忍者、スマホゲームでも人気の戦国物。
北条五代もこんな形で蘇ったら、さぞ面白いでしょうね。
五代旗
北条五代のイラストを元に作られたのぼり旗。なかなかいかしてますね(死語か?)これが結構安くできるらしいです。

そううん
北条早雲 by クルルキ将姫

うじつな
二代 氏綱 by 若林やすと

うじやす
三代 氏康 by 谷戸優人

うじまさ
四代 氏政 by 米山有美

うじなお

五代 氏直 by 李 津

会期: 10月9日(日)まで 10:00~18:00
会場: 小田原市民会館 2F 展示室 



スポンサーサイト

木々との対話

2016年10月2日

木々との対話
東京都美術館 開館90周年記念展

7月26日から開催されていた展覧会です。つい2週間前にもここに来ていたのですが、行けたのは会期(10月2日まで)も終わりに近い9月27日でした。

image1.jpg
まずは、この展覧会のチケットのデザインに使われていた土屋仁応氏の作品は「森」(2012)。材料は、楠が多いのですが、この作品には、楠と檜が使われています。動物の目に使われている水晶がなんともいえないですね。
ちなみに、写真撮影はできませんでしたが、船越桂氏の作品の目に大理石が使われているのは有名ですよね。

image2.jpg
さて、「巨船アルゴー」「黄昏の娘たち(83-1)」「黄昏の娘たち(83-3)」「太陽の門」は田窪恭治氏の作品。
廃材や石、鉄材に金箔・・・。私は、タイトルもふくめこういう訳のわからない(失礼)もの、「どうだ分かるか!」と言わんばかりの作品が大好きです。

image3.jpg
前知識なしに、見た須田悦弘氏のこの作品は、大きさとは正反対のインパクトがあります。
生花とも見まごう作品が繊細な木彫でありかつ自然な彩色がなされ白い壁に逆さに展示された赤いバラと花びらにはしばしそこに釘付けになりました。
image4.jpg

image3-1.jpgimage1-1.jpg

木材と陶ストーンをダイナミックかつ繊細に組み上げ積み上げた國安孝昌氏の作品「静かに行く人は、遠くへ行く」の迫力は素晴らしいですね。スタッフさんとの比較で大きさがわかりますよね。
作者が「陶ブロック」と呼んでいる20cm長のブロック(細長いレンガ)を木の間に積み上げています。インスタレーションは、会場での製作と解体がさぞかし大変だと思います。
image5.jpg
さて、圧倒的な全体像です。

桂
船越桂氏の作品は、図録からアップおきます。

もっと早い時期に観に行って紹介できればよかったなぁと思う展覧会でした。



おまけです。世界遺産・国立西洋美術館
image2-1.jpg
前庭には、ロダンの地獄の門がありますね。

under the moon

2016年9月25日


under the moon
@今古今(こんここん)大磯

遠藤マサヒロ(木工)+アトリエ・イド(縫い)+野口奈美(イラスト)
日々の暮らしがちょっと楽しくなる3人展
UM1.jpg
UM3 壁
UM4 すりこぎ
UM2 こけし
UM6 漆
UM 5 陶器

会期: 9月22日~10月15日(土) 11:30〜21:00(最終日 18:00まで)
会場: 今古今(こんここん) 第1月曜・毎週火曜日定休日
    大磯町大磯55 電話0463−71−5741

ここには、漆塗り工房もあって日々の作業が見れるんです。
また、会場内にある日日食堂もオススメですよ。

⚫️今古今のHPはこちら

清水寛 x 山本真郎

2016年9月19日

清水寛【木工】 x 山本真郎【陶】
tincan個展
小田原カホンの叩き方ワークショップのインストラクターでパーカショニストTincanさんは、小田原の木工作家でもあります。南足柄に窯をもつ陶芸家・山本真郎さんとのコラボ展です。

9月18日から10月2日(日) 22・25はお休みです。10から16:00
最終日には2時からTincanさんたちのライブも。

ミントココア 小田原市本町2-10-16 松原神社裏 090-2910-6695


⚫️木工作家・清水寛さんの公式サイト
⚫️陶 山本真郎さんの公式サイト

PC不調につき短文、訪問もできず失礼していますm(_ _)m



Good Smile Company フィギュア

2016年8月25日

Good Smile Company 15th Anniversary Exhibition
アーツ千代田3331

3月に京都で京都芸術センターに行きました。東京ではここアーツ千代田3331が同じように廃校を利用して活動しているので寄ってみました。

3331.jpg
入り口です。

Good Smile Company・・・??
知りませんでしたが、入場無料ということで入ってみました。
いろいろなフィギュアがあることは知ってはいますが、実物をまじまじと見るのは初めてです。
キャラ3
これらは、この会社で作られたものを年代別に展示してありました。

これは、元F1レーサーの小林可夢偉のフィギュアですね。とてもよくできています。
キャラ可夢偉
痛車といって、車のボディにイラストを大きく書いたのがありますね。レースの世界にも初音ミクのスポンサードを受けたBMWが走っていたので名前だけは知っています。そのBMW Z4のミニチュアも展示されていました。これって1万円近くするんですね〜。

あ〜調べてみて驚きました、まさにこの会社がバックアップするレーシングチームだったのですね。
今年からは、Mercedes-AMG GT3で参戦中ですね。


キャラ1
キャラ2
どうですか?実によくできていますね。世界レベルでコレクターがいるんでしょうね!

多分、この世界では有名な会社なのでしょうが、ここアーツ千代田3331で展示会を開いているのも時代に乗った会社の面白さの一つでしょう。

アーツ千代田3331の続きは後日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。