スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウスリー草原のヤポンスキー」

2013年11月28日


ウスリー草原のヤポンスキー文芸社(2000年)

今年は学徒出陣70周年だそうだ。
昭和18年秋、ついに始まった学生の戦場派兵。所謂学徒動員である。5万とも10万とも言われるが出陣学徒と戦死者についての定かな記録は残っていないらしく、NHKの調査に対して、今後も調査は不可能として対応しない大学が50%とか。

そんなことからたどり着いたのがこの一冊。
ウスリー草原のヤポンスキー
早速Amazonから新品を取り寄せたが、最近本格稼働した小田原FCからではなかった。

さて、この本は、昭和17年4月に法政大学予科に入学し、まだ物心ともにゆとりがあり、まだまだ田んぼもあった東京での当時の下宿生活の様子から始まるが、18年1月のニューギニア全滅、悲惨なガダルカナル撤退から戦況は急速に悪化していった。
そんな18年秋に始まった学徒動員であるが、当時の徴兵適齢は20歳からであった。そして19年には、「戦時繰り上げ」と称して半年早く予科から学部へと進学することができたそうだ。その一方で、前年(18年)12月には、既に徴兵の適格年齢も19歳に下げられていたと・・・。

そんな状況が次第に見えてきた19年の晩春、筆者は友と箱根の十国峠に旅し、「縹渺(ひょうびょう)とした十国の山」と表する山の眺めは、
暖かく陽のなかで低い笹で覆われ、緩やかな曲線の稜線がつづく綺麗な山々を見たのか、陽がないときは、笹だけを押し付ける冷たい風が吹き抜ける荒涼とした景色だったのか・・・
もしかしたら、その十国の風景は、それから遠くない未来に見たであろう景色と既にオーバーラップしていたのか。その後、小田原まで歩いて降りてきたのが、最後の山行となったそうだ。

この時代の変化に巻き込まれた筆者は、まさに19歳の19年9月に、召集令状を受け取り出征してから、23年5月に復員するまでの3年8ヶ月は、満州に始まり、終戦、その後のシベリアでの抑留と酷寒と飢餓の強制労働の苦難へとつづいていく。

叔父もシベリア帰りだったが、子どもだった私が叔父から抑留生活の話を直接聞く機会はなかった。

(つづく)


スポンサーサイト

小田原情報 メディアミックス

2013年11月19日


小田原ブックマーケット
情報発信いろいろ

小田原の文化活動や絵画や書の展覧会や個展、演劇やコンサート、アートワークショップやイベントなどの情報をみなさんはどんな媒体でゲットしますか?
新聞やタウン紙、広報誌、普段見ているブログやホームページ、チラシ?
市民会館や生涯学習センターけやきなどのイベント情報コーナーは、ふだんからこういう施設を利用している人にとっては情報源だが、わざわざチラシをとりに行くことは少ないだろう。

やはり知人からの紹介や手渡されるチラシなど、いわゆる直接的な口コミが一番。
facebookやtwitterも現代の口コミの一つだろうな。

知り合いのルートや画廊のホームページ、タウン紙のギャラリー情報など、興味のあるジャンルでも、みているつもりで、結構狭い範囲の情報に限られている場合も多い。
そして、思いがけないところで面白い情報に出くわしたり、忘れていたイベントを思い出して出かけてみることになることも多いはず。

今回は、一つのチラシを見て知っていたイベントだが、開催日までは覚えていなかったケースがこれ。

「古本市 小田原ブックマーケット」
知り合いからいただいたチラシがこちら。

小田原ブックマーケット

今日の神奈川新聞に掲載された記事。
■必ずしもイベント名が最初に来るとは限らない例

マグカルネット最近よく覗いている情報源がこちら。
■ 地域やジャンル、日付で検索できるカレンダー機能

主催者のHPにある記事がこちらだ。
■ 旧三福のHPにあるブックマーケットの記事

さて、皆さんはこの情報を知っていましたか?
■ 楊 麗貞 ピアノリサイタル ショパンを弾く 12月8日

法隆寺と小田原

2013年11月16日


古の縁(いにしえのえにし)

見慣れた学橋からの風景にも色づいたお堀の桜が秋だね~。



馬出し門から続く登城ルート。銅門では、武者との記念撮影をする人たちも。
土日で開催されているツーデーマーチの参加者で溢れかえっていた。
ちょうど20キロコースの帰着にでくわしたのか。



ぐるっと城を回って市民会館で開かれているシンポジウムにきた。



「目で見て真っ平らと寸法的な真っ平らは違う。法隆寺は錯覚を矯正して建てられている。」と語るのは昭和の大解体に関わり、飛鳥の大工の精一杯の気持ち感じたという宮大工 小川三夫氏

「和を以て貴しと」
今や日本の代表的な精神文化と言われる「和」を
十七条憲法の第一条に掲げ、仏教の平等の理念と和合協調による
国づくりを進めた聖徳太子の話をされたのは法隆寺の大野玄妙管長

1400年前の法隆寺と小田原の縁が巡り会わせてくれた素晴らしい話を聴けた。

法隆寺と小田原? 神奈川新聞の記事を紹介

マグカルネット 県西地域の文化芸術情報

2013年11月7日

文化芸術情報を共有しよう!
「無尽蔵・文化芸術アートカレンダー」と
「マグカルネット」


あ〜、kurubushi-baseに2週連続で行ってから、その間にあった
イベントや展覧会を紹介して行くと、まぁ〜呆れ返る程雑然としてくる。
そんなわけで、ここ一週間、たて続けに、「ANIMATURE」
「風の子の地蔵と柿沼和尚」「アーティスト イン レジデンス」と・・・・

本当は、まだ隠し球が3つもあるんですが少しペースを落とそうかと・・・・

まぁ、そんな訳で、本題です。
いろいろな文化事業や公演、コンサート、ワークショップなど、
小田原には告知だけでも載せきれない沢山の情報に溢れている。
興味があっても、お知らせだけの情報だけでは、その魅力を
どこまで伝えられるか分からない。
かといって、見に行った、聴きに行けたコンサートの感想を載せ
ても、時、既に遅く、もう終ってしまっていることも多い。

そんな訳で、人それぞれの興味も違うから、皆さんが自分でアクセス
することで興味に応じて検索できるサイトを紹介しよう。


小田原を中心とした文化芸術情報が検索できるサイトが
「無尽蔵・文化芸術アートカレンダー」
無尽蔵 文化芸術カレンダー文化芸術アートカレンダーはこちら


神奈川県、横浜、川崎、県央、県西(小田原)の
文化イベントが検索できるポータルサイトが

「カナマグネット」
 カナマグネットマグカルネットのトップページはこちら

ちなみに、例として、今週末(11月9日・10日)に、
小田原市生涯学習センターけやきでの公演を控えている
演劇Produce「螺旋階段」 第14回公演
螺旋階段
『カマボ侍と一人の女の話』

を紹介しているのでクリックして覗いて欲しい。

マグカルネットに掲載されている「螺旋階段」 公演情報

マグカルネットからもアクセスできる「螺旋階段」のHPはこちら

ちなみに、紹介した2つのカレンダーサイトは、リンクにあるよ。

アーティスト イン レジデンス ARIO

2013年11月6日


Artist Residence in Odawara 2
2013第2回ARIO展覧会


国内外10人アーティストが、あの二宮金次郎の生誕地にある尊徳記念館(小田原市栢山)で10月に制作した作品が、清閑亭で展示されていたのを見たのは10月末(10月31日まで)だった。


廊下に描けられた富士山の絵 "Expecting in Fuji" by Lidija Seler(クロアチア)
「富士に期待」とあるが、さて・・・拡大してみてみて。



"Ikebana for Noriko san" by Lidija Seler(クロアチア)

相模湾と伊豆半島を望に、秋の日差しが奥まで差し込む2階の和室に、飾られた作品は、一つ一つにタイトルがつく。


拡大してみる必要があると思うが(画像をクリックしてね)、左から"Blue Sky" "over flow" "Atmusphere" by 利根川佳江


1階和室や蔵にも展示があった、全部を見ることはできなかったが、この日の清閑亭は、秋の陽の光をいっぱいに輝かせていた。こんな日は、庭をゆっくり散策するのが気持ちいい。

今回の第2回ARIO(アリオ)の作品は、11月2日から10日(日)まで、すどう美術館(小田原市堀之内)で展示されている。
数寄屋造りの日本建築で見る作品とすどう美術館とは、場所も雰囲気も違うので、時間がある方は是非、すどう美術館へ足を運んでみてはいかがか。

また、同美術館のHPでは、作家の制作現場、ワークショップやコンサートなどの様子も見れるので覗いてみてね。

すどう美術館のHPはこちら

風の子造形教室

2013年11月4日


地蔵さんを描いてみた
第24回風の子展

丹那のkurubushi-baseの帰り、オーナーから「近くで子どもの地蔵さんの絵がたくさん展示されてるよ」と聞き、ちょっと寄ってみた。

まずは、お地蔵さんの絵である。縦が1m以上ある大きな紙に子どもたちの描いたたくさんのお地蔵さんが天井から微笑んでいる。



「風の子」というからか、風神、雷神の屏風が一対。



「ウンチ」と「ウンコ」は違うらしい。チは、肉食や雑食。コは、草食らしい。ということは、ベジタリアンと草食動物だけだな。



さて、種明かしは丹那の「長光寺」というお寺が会場なのです。
インドを放浪した住職・柿沼忍昭さんと沼津の造形教室の実に面白いコラボだ。


どうやら、この住職はただ者ではないらしい。

この造形教室の先生にも会ってみたい。

ANIMATURE

2013年11月2日


近藤正樹 椅子展
ANIMATURE

2週連続で函南のkurubushi-baseを訪れた。
先週のひだまりグラス展の帰り際に、見せていただいた木工工房の主である近藤正樹氏の個展があると聞いたからだ。

動物をその特徴(feature)とした椅子。
タイトルにあるANIMATUREは、動物(animal)、家具(furniture)、生き物(creature)などを合わせた造語だということだが、その形と思考に未来(future)と木の文化(culture)への主張が見えた。


サソリをイメージした椅子のトップにあるステンドグラスの灯りの影まで面白い。


羊の角やコブラをフィーチャーした椅子、部屋の隅で一つの世界を作れそうなウォールナットのトップとクリを脚につかったコーナーテーブル。そして背中に優しいこの椅子のデザインと座り心地は気にいった。



滑らかな線と面を木と上質の革の組み合わせ仕上げた椅子たちから作者の緻密な思考と技が伝わってきた。


ギャラリーの隣りの秘密基地?でいただいたエクアドルのコーヒーは、とても美味しかった。この豆は「自家焙煎して4日目で飲み頃なんです」と。
こだわり。イイネ!


工房で見た大きなマンタの椅子の座り心地を、いつか体感させてもらいたい。

ANIMATURE椅子展
会期 10月30日〜11月5日 12:00 - 18:00
会場 kurubushi-base(函南町丹那315-1 中村園芸敷地内 奥)

ANIMATUREのHPはこちらをクリック

若い力が生き生きと動いているkurubushi-baseは、これからも要チェックだ。

ひだまりグラス展

2013年11月1日 ①


hidamari glass


湘南のイベントや鵠沼のパピコマルシェで立て続けにあったガラス作家が函南で個展をやるというので出かけた。

函南(かんなみ)と読むこの地は伊豆半島の首根っこ(熱海と三島)の中間点で、その昔、国府津から山北、御殿場(現在の御殿場線)を経由していた東海道線は丹那トンネルが完成したことで小田原を再び東海道に返り咲かせてくれたのだから感謝しなければならないが、その割にあまり訪れることがない。
ここには丹那断層公園(活断層)なるものがあるくらいで、南北に30kmに及ぶ活断層帯である、また盆地であることから沢山の湧水とそれらの水脈から、7.8kmに及ぶトンネルの工事は、黒部ダムに匹敵する難工事であったと聞く。

さて、ひだまりグラス展が開かれた「くるぶしBASE」は、丹那トンネルの真上にある。
kurubushi-baseのHPはこちら
オーナーが自作したというギャラリーは渋い!

トタンの外壁と、潜り戸に近い低く小さなドアの向こうに、洒落た空間が広がっていた。


組紐の先にオーロラを思わせる幻想的で立体感のある色の帯が幾重にも重なりながら光を柔らかく包み込んだり、輝かせるような模様は一つ一つがとてもおもしろい。


ペンダントトップは鹿の革ひもに結ばれるものもあったが、実はこの作者はもともと組紐を作っていて、そのひもに付けるものとして、このグラスに辿り着いたそうだ。


ビー玉の中にある矢車のような模様がどう作られているのかさえも未だに知らないが、このグラスの模様は、繊細で柔かなものだ。パイレックスという、強化硝子を使って小さな硝子の中に立体的な世界を作りだすそうだが、その作り方はまったく想像できないので、今度機会を見つけて工房を訪れたいと思っている。
作品には、アクセサリーや球体、照明、オブジェなど神秘的なものがいっぱい。

こんなライトの他、灯油ランプもあった。

hidamari-glassのHPはこちら。綺麗な硝子の画像は是非こちらでご覧下さい。

hidamari-glassのCMビデオ、わかるかな〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。