スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小江戸川越 蔵のまち

2014年1月23日


川越の夜戦




今の小田原城は天守閣をはじめ、二の丸までは江戸後期をモデルに遺跡の復元、整備が進んでいる。
また、江戸時代の城主は、春日の局で有名な稲葉氏、阿部氏と大久保氏であった。

小田原・北条氏

一方、小田原といえば戦国時代に五代、百年に及ばんとする施政と関東を支配した北条氏がよく知られているが、秀吉が1590年に20万の軍隊で小田原を攻めたのが、戦国時代の終わり。
そのときの小田原城は周囲9kmに及ぶ大外郭(総構=そうがまえ)を有した全国でも有数の大きさの平山城であったが、必ずしも天守閣があったか?など、総構の内側は未だに定かではないそうだ。

しかし近頃立て続けに戦国時代の北条氏の遺跡である主殿跡や庭や池の跡が現天守閣のすぐそばの江戸時代の御用米曲輪跡の発掘現場から発見されている。


前置きで疲れたので本題あくまでみじかく。

関八州とまではいわないが関東を治めた北条氏は、五代百年である。
その中でも二代氏綱が関東に進出。八王子の滝山城、江戸城と武蔵を配下に治めた、幾度の侵攻の後、川越を攻め落としました。

しかしその関東管領上杉氏と北部関東の連合軍8万に川越城が包囲され半年の籠城に耐えたところに、三代氏康の8千の奇襲により川越城の包囲網を解き、敗走させたのが1546年。これが世にいう、日本三大奇襲「川越の夜戦」である。
そして、北条氏はこの後関東を支配していくことになる。

まぁ、小田原と川越にはこんな歴史もあると言いたかっただけ。


さて、当の川越はこの10年で年間600万人の観光客が訪れるまちとなった。


川越にたどり着いたのは夕方近くであったが、渋滞でゆっくり走る車に構わず人の列は道路両側に途絶えることはなくつづいていた。

一つ通りを外れると静かなまちだが、この賑わいは小田原ではとんとお目にかかれない風景である。


土産は名物の芋菓子と江戸時代から続く刃物屋「まちかん」で包丁ならぬ、燕三条の高価な爪切り。

また機会を見つけて訪ねることにした。

スポンサーサイト

失望のむこうがわ

2014年1月9日

アルカンパニー
失望のむこうがわ

昨年6月、横浜KAATでの公演「父よ」を観に行った、あの平田満と井上加奈子のアルカンパニー、2014年の第13回公演「失望のむこうがわ」のチケットが1月6日から発売になった。

結構売れいきがいいらしい。早く予定を立てたいが、ちと忙しい時期と重なっていて、イマイチ先が読めない。
しかし、うだうだしていると売り切れてしまっては元も子もないので、早めに決め打ちするしかないな。
 失望の向こうがわ1


失望の向こうがわ2↓はこのチラシの転記です!
三浦大輔2年半ぶりの新作!
言葉少なく、「空気感」で人間関係を伝える。それは何だかとてもかっこいいことだと思われている。ただ、今まで自分が信じ込んでいた、その「空気感」がまやかしだと気づいたら…。とことん言葉を弄して、再度、相手とわかり合おうとするしかない。そんなときに、「空気感」もへったくれもないのだ。「何かいい感じ」もくそもないのだ。踏ん張って、踏ん張って、死にもの狂いで、言葉を紡ぎだすしかない。と、書くと小難しい芝居に思われそうだが、これは、エンターテインメントな会話劇です。そして、アル☆カンパニーでしかできない作品だと思っています。ご期待ください。どうぞ、よろしく。    三浦大輔

チラシの拡大版はこちらをクリック!

今回は、新宿のSPACE雑遊だ。

アル☆カンパニー第13回公演『失望のむこうがわ』
日程: 2014年2月14日(金)~23日(日)
会場: SPACE雑遊
作・演出: 三浦大輔(ポツドール)
出演: 平田満/井上加奈子/平原テツ(ハイバイ)
前売開始: 2014年1月6日(月)

アルカンパニーHPはこちら。「失望のむこうがわ」チケット情報もふくめ、覗いてみてね。

茶室の扁額


2014年1月4日


初釜に間に合った

30年来の知り合いが新築の家に茶室を設けた。

設計者も知り合いで…、彼もお茶をやっている。

そんな繋がりで、庵の扁額を彫って欲しいと頼まれたのは秋だった。

建築中に見せてもらった茶室には、玄関からと客待ちのにじり口との二つの入り口があったことから、無謀にも「陰陽二つをつけたらどうか」と提案した。

そして施主と設計者が選んだのは、大雄山最乗寺のご神木の杉板。

う~ん。千家では杉が一般的らしいが、普段は樟ばかりだし、桜と欅は彫ったことはあるが、杉は柔らかいので、いつもの鑿と木槌は使えず、彫刻刀の出番である。とは言え、コツコツと彫り始めてはみたが、やはり杉は難しい。彫刻刀もこまめに研がないと切れ味がすぐ落ちるし、固い年輪と、年輪の間の柔らかい部分との固さがあまりにも違いすぎるのです。


これがまたとても難しいのです

材木は材の取り方次第で、縞模様の柾目(写真の上の浮き彫りに使用した材)と不規則な曲線となる板目(写真の下の彫り込みに使った材)がある。
特に板目の場合、同じように見えても裏表がある。外側を木表、芯側を木裏といい、間違って木裏に彫ってしまうと時間の経過とともに木目がはねてきてしまう。要は切り口にある年輪を見れば、どちらが表か裏かはすぐにわかる。

わかったような事を言っても、秋の文化祭で、鑿と木槌を振るってトーテムポールを彫っただけで、この3年ほとんど作品らしいものは作っていなかったし、久々に木に向かう。それも他人のものを彫るのは初めて

そんなこんなで、明日の初釜にやっと間に合った。

さて、依頼主は喜んでくれたのであろうか?

初釜のお客様の感想も気になるところだが、話題提供にはなるだろう

謹賀新年


2014年1月3日


あけましておめでとうございます


今年は久方ぶりに箱根神社に初詣にいってきました。

小田原からは箱根駅伝・往路がゴールするのをテレビでみてから出掛けても、旧道を畑宿、甘酒茶屋といけば渋滞とは無関係。
湖畔手前の国道1号まで来ると、交通規制が解除された後、箱根神社に向かう道はさすがに混み合っています。

大晦日から元旦にかけては夜通し参拝ができるのですが、元旦の夜からは、夜8時30分に本殿前の門は閉まってしまうそうです。

初めて知りました。

写真は、富士山はここからは見えませんが、夕焼けが綺麗でした。

今年もよろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。