スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市展

2014年5月21日

第67回
小田原市美術展覧会

小田原市美術展覧会2014

毎度のことだが、このポスターは秀逸である。
毎年あの手この手で新しさを求めがちなポスターだが、同一デザインでトレードマーク的に使うこの方法は好きだ。


だか、よく見ると不思議なことが3つある。
①このポスターには、正式名がどこにもない。
②市展2014
③第67回市美展ポスターデザイン

さて、いろいろな呼び名があるのは様々な文化芸術の分野がかかわっているからこそか?
間違いではないが毎年同じデザインなのに、今回をしっかり規定している。

ごちゃごちゃと全部盛り込みがちな行政のポスターにしては実に奔放で潔いとこが好きだ。

是非続けて欲しい!



「2014立夏リトルピープル」市議会議長賞
平塚さん、おめでとうございます。



<審査員講評> 群像としての大きな動きとフォルムが、観る者にさまざまなイメージを膨らませる作品となっています。構成する一つひとつの人物像にスポットをあて、工夫することで、より魅力あふれる作品となると思われます。」



あっ、それより、なにより、是非足を運んで欲しい。

前期: 洋画・日本画・版画・彫塑)
会期: 5月21日(水)から25日(日)
会場: けやき(小田原市生涯学習センター)

彫塑のギャラリートーク
22日(木) 14~16時 by梅村正美氏



第67回 小田原市美術展覧会 HPはこちら
スポンサーサイト

野良うさぎ

2014年5月18日


茅ヶ崎海岸の
野良うさぎ ゴマ




茅ヶ崎海岸に野良うさぎが住んでいるとの話を聞いた筆者はカメラ片手に早朝の海岸にうさぎに会いに向かった…

さて、その後どうなったか?


5分で読めるこの本だが、1000円は高いとは思わなかった

興味のある方は是非よんでみるとこの本の良さが分かると思う。

「茅ヶ崎海岸の野良うさぎゴマ」
写真+文: 内藤雅光
宝島社


ちなみに、以前読んだ「村上水軍の娘」は百万部突破したそうな!
4月の「村上水軍の娘」の記事はこちら

Go ouT @Noncafe


2014年5月17日


若者が集まるインターナショナルな場
Go ouT

毎月第3土曜日に浦町(うらちょう)のノンカフェで開かれる。
白壁と高い天井の室内にソファーや長テーブルにいろいろなデザインの椅子があり、一人でも気軽に入れる店内。

Go ouT
当日は多くの若者と外国人でいっぱいのスタンドバーになるとか。
ソフトドリンクは300円、アルコール類は500円とか。

こんな風景が小田原でまた見られるようになったのかな

機会があったら覗いてみたい


この企画をたちあげた若者の中には、小田原の姉妹都市チュラビスタ(CA.USA)や友好都市のManly(NSW AUT)などとの交流プログラムに参加した人もいるとか。

次代を担う若者の活動に期待しよう

ノンカフェのFBはこちら:
https://www.facebook.com/Noncafe.odawara


2014年5月21日
「ウエルカムな街へ」 Go outが神奈川新聞に載ったんだって!!

神奈川新聞の記事はこちら



楽友協会140524小田原楽友協会のHPはこちら
日時:5月24日(土)午後2時開演; 会場:小田原市民会館 大ホール; 当日入場可:3,500円(席)


Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣; 会期: 5月31日〜6月22日

丑久保健一 アートギャラリー 第3回春季展 

2014年5月12日

丑久保先生のギャラリーから案内状をいただいた。

丑久保健一
アートギャラリー
第3回春季展


今年は5月から6月22日まで、宇都宮の丑久保ギャラリーで開かれている。
今年は行けるかな?

丑久保健一2014

興味の時間のある方は、日本一を奪還した宇都宮餃子を食しながら
私の代わりに行ってくれる人がいれば、幸いである。
詳しくは、下記のギャラリーHPヘ
丑久保健一ギャラリーHP


森田由子 ピアノコンサート

小田原楽友協会 第61回定期演奏会

不朽の恋の物語
迫力のオールロシアンプログラム
森田由子ピアノリサイタル


楽友協会140524
日時: 5月24日(土)午後2時開演
会場: 小田原市民会館 大ホール
当日入場可: 3,500円(席)



小田原楽友協会のHPはこちら




Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣
会期: 5月31日〜6月22日

木彫展 作品紹介 その5

2014年5月1日

「大枝」「小枝」「裸婦1」「裸婦2」


メイデーである。
アイルトン・セナ没後20年である。
しかし、4月はなかなか暖かくならなかったが、5月に入り世の中、クールビズが始まった。
明日は、夏日になるらしい。

さて、木彫展の作品紹介を再開しよう。

今回の作品は、小田原の安藤さんの作品である。

小田原市美術展の市長賞、受賞者である。最近、制作のスピードが落ちてきているのが少し気になるが、昨年の「ART NOW 2013」に引き続いて、今年も「ART NOW 2014」に参加するとの事なので大きな作品を期待したい。
センターのスポットが当たった作品「大枝」は、鑿を握ったら速い、氏の制作スピードで木彫展の為に3日で彫った作品。
安藤 大枝

「小枝」は、4本の細い枝を彫り込んだもの。最近は、時に樟の小枝をうまく使ってこのようなおもしろい作品にする。
安藤 小枝


「裸婦1」は、以前の作品だが、氏の作風をよく表している。
安藤 膝立
やはり、安藤さんには大きな作品が似合う。

安藤 後姿
「裸婦2」


さて、先ほど紹介したおだわら無尽蔵・文化芸術では、地域の作家により作品発表を2012年「ART NOW in 清閑亭」、2013年「ART NOW 2013」と称して、清閑亭を会場に開催してきた。

今年は、小田原城天守閣を会場に、「小田原城あじさい花菖蒲まつり」に合わせて開催する。

無尽蔵 文化芸術のHPはこちら

Art Now2014-2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。