スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーライ・ウォラック

2014年6月27日

Eli Wallach
イーライ・ウォラック


この俳優をご存じか?
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、そしてイーライ・ウォラック。
マカロニウエスタンの名優である。この3人が主演(私の中では)した“the Good,the Bad, and the Ugly"(邦題「続・夕陽のガンマン」)
彼が演じたトゥコは実は“the Ugly”じゃなく、バカ正直でいちばん人間らしいんじゃないかと!

「荒野の七人」にもでてたし、ゴッドファーザーⅢにでていた白髪になっていた晩年の姿も懐かしい。
イーライGF

今日の朝刊でリーライが亡くなったと報じられていた。
98歳、大好きな俳優だったので残念だ。
                   合掌

“When you have to shoot...shoot! Don't talk!”
「やる時ゃ、がたがたいってねぇで撃つんだ!」
要は、チャンスは二度とない!ってね。
大好きな彼のセリフである。
名場面はこちら
そして、この銃声を聞いた時に
“Every gun makes its own tune"(全ての銃はそれぞれの音を持っているものだ)とイーストウッドに言わせる。

(写真は、コルト、レミントン、スミス&ウエッソン・・・それぞれのパーツを使ってトゥコ独特のガンを組み上げたシーン。)

邦題「続夕陽のガンマン」は、何回観ても飽きないとても面白い映画で、いまでもVHSをDVD替えて楽しんでいる。
スポンサーサイト

カミイチ

2014年6月26日


19回目を迎え 過去最大の75店舗が参加


28日(土)はカミイチ(かみふなかクラフト市)

毎月第4土曜日に小田原球場のある上府中公園で開催されているクラフト市。

2010年に始まった大磯市(毎月第3週日曜日)がよく知られているが、このカミイチは2012年に始まり毎回出店者も来場者も増え続けている。
西湘、湘南を中心に活躍する、手芸、陶芸、木工、ガラス、金工、皮革、染織などなど。今回参加するクラフト作家さんは50店舗を越え、ケータリングカーの飲食出店やベーグルや酵母パンなど美味しいお店もいっぱい。

日時: 6月28日(土) 10時~16時(小雨決行)
会場: 上府中公園(小田原球場)
駐車場がなんといっても無料!

カミイチのFBはこちら

ART NOW 2014

2014年6月20日


ART NOW 2014
Art Now2014-2
ART NOW 2014の作品はこちらで見れます(無尽蔵・文化芸術HP)
22日まで

梅雨の晴れ間の小田原城である。
5月22日から始まった「あじさい花菖蒲まつり」に合わせて開催されたART NOW 2014も残りあとわずか。
時間をみつけてやっと会場である小田原城天守閣に行ってきた。


会場は写真のように天守閣の石段を上がり、更に4階まであがる。何度も来たがさすがに息が切れる
そして暑い
さて、4階は正方形の回廊で、ガラス張りの展示ケースがあり戦国大名の紋章展などが開かれているところである。
さて、ここに彫刻や絵画や生け花がどのように展示されているか興味があった。
※天守閣は、基本撮影禁止なのですが、ここで展示されている「ART NOW 2014」の作品については、撮影可能としてあったこのはグー!

写真②は隠れ文字絵作家、小林真澄さんの作品。さて、この絵の中にどんな文字が隠れているのか分かりますか?

小林真澄さんのブログほこちら

写真③は、木彫仲間の安藤美茂さんの作品

写真④は、土屋健さんの作品
4体で一つなのか、一体一体別なのか?最近こんな作品が出てきてるね。


写真⑤は、鉄の作品は勝孝次さんの作品。


この他、花道、陶芸、絵画(洋画、日本画)、工芸、彫塑などなど、2階にも数点展示してありますからお見逃しなく。

昨年までの会場であった清閑亭とはまたちがった良さがある。
後は天守閣まで上がってきてくれた人が小田原の作家の作品を楽しんでもらえれば嬉しい。


小田原さんぽ甘味摘み■小田原さんぽ 甘味摘みの詳細はこちら
3つのお店で使える、3人で使える!お得なチケット=1500円(500円チケット3枚)
32店からお好みのスイーツ食べ歩き  【開催中】 6月7日〜22日

長山武夫 写真展

2014年6月14日


北極熊の親子

アフリカ、マダガスカルなど被写体を求めて海外を飛び回り、ついには普通では行けない私的ツアーに参加して北極圏のマイナス30℃の世界にポーラーベアを撮りに行くとは脱帽して凍傷になりそう。
もちろん野生の、それも子育て中の動物は危険である。
ましてや自由が利かない雪上で白熊の親子まで100mは「至近距離」だそうだ。
この時は、4組の親子に遭遇したそうだ。

これは二科展写真部神奈川支部の県知事賞を受賞したそうである。

アフリカの写真も沢山展示してある。象の群が茶色の大地を流れる川を渡る写真は迫力があった。
これは気に入った写真。4文字の動物の名は忘れた。

ツアー中、毎日のようにオーロラが見えたそうだ。
右下は極寒仕様の長山さんである。


写真展の素晴らしい作品をガラ携カメラで撮るのは些か失礼なのだがお許しをもらった。たくさんの作品の中から好きな3枚(2L)をプレゼントしてもらった。
6月16日(月)までやっているので是非見に行って欲しい。
会場: ギャラリー新九郎
長山さんが紹介されている足柄ネットのHP


「いけばな展」
ダイナシティ 西武1階のピロティーでは小原流の「いけばな展」も開催中(今日15日(日)まで)。
流派の主催であるからか、作者名には、「師範」とか「教授」なども記されている。


これは知り合いの作品。



花はいいですね~。生け花体験コーナーもありましたよ。


お~っと、こちらも行かねば(^O^)/

Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣  【開催中】 5月31日〜6月22日
小田原さんぽ甘味摘み■小田原さんぽ 甘味摘みの詳細はこちら
3つのお店で使える、3人で使える!お得なチケット=1500円(500円チケット3枚)
32店からお好みのスイーツ食べ歩き  【開催中】 6月7日〜22日

小田原さんぽ 甘味摘み

2014年6月12日


甘味摘み
既に5つ制覇。
クーポン一番乗りが2箇所

さて、6月7日(土)から始まった小田原版スイーツコレクション・甘味摘み

甘党としてはいろいろ食べてみたいところたが…夏に向けてここで太れないでしょう!

<20> カフェ ミントココア(cafe mint cocoa)の初夏の玉水晶パフェ
ランチ「黒胡麻麻婆豆腐」の後だったので「ボリューム的に大丈夫ですか?」と聞かれたが…
もっちりしたわらび餅と日向夏の玉水晶が楽しませてくれる一品。
サクサクと完食。女性にももちろん無問題。

ミントココア 食べログ

<6> NONCAFE(ノンカフェ)の小さなケーキと蜂蜜漬けナッツ&コーヒー
まずはほんわかチーズケーキ、味に深みのあるリッチなチョコレートケーキ。
そしてふんわり系で軽い感じが多いレモンケーキだが、これはしっとり感のある中でレモン味が効いていて爽やか。この普通サイズがあるなら量も満足するに間違いなし。
蜂蜜漬けナッツはジンベースのカクテルに合うかも!
あっ、あくまでも甘党の人の場合ね。

ノンカフェのFB

<19> 和颯のアップルパイ
まだ食べてなかった自慢の自家製アップルパイ。
皮付きふじりんごを使ったパイは甘さを控えめながらしっかり味わえる。
なにより温かいままサーブされたのがグー。定番だが冷たいアイスクリームとの相性も
つぎは、シフォンケーキか?

和颯のHP

<26> もなか工房 小田原種秀の「モナコ」
差し入れで頂いた限定モナカはクルミの味か引き立つキャラメル仕立て。是非ご賞味あれ!

それより、なによりこの店は数ある小田原の和菓子屋へモナカの皮を卸しているんだって!飯屋を語らせたら多分右にでるものはいない差し入れしてくれた人もこの店は知らなかったと言う。

自家製だと思いがちの和菓子屋の餡も実は市内二軒?の製餡所から仕入れているところが多いらしい。
小田原種秀のHPはこちら
製麺屋さんも同じだな

<21> wara no bagのドライフルーツ
人気の黒糖ナッツやドライトマトもいいが、好物はイチジク!今回はこれにアンズとグラノーラを買って一気に3枚使用。

食べちゃったので写真がなくてすみません。
wara no bag のHPはこちら

味覚と表現力は個人差がありますからあしからず。

さて、残りは27かぁ

皆さんも是非、「小田原さんぽ」に参加してみては。
小田原さんぽ甘味摘み■小田原さんぽ 甘味摘みの詳細はこちら
3つのお店で使える、3人で使える!お得なチケット=1500円(500円チケット3枚)
32店からお好みのスイーツ食べ歩き  【開催中】 6月7日〜22日


Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣  【開催中】 5月31日〜6月22日

市展 (後期)

2014年6月8日


市美展 (後期)
工芸/書道/写真


最終日にやっといけたので今更ではあるがアップすることにした。

まずは写真部門の市長賞が「風雪に耐える」
新聞のモノクロ写真では??だったが、実物を観て納得。
講評: 雪に首まで埋もれたお地蔵さんの赤いフードと金剛杖の頭部を鋭く切り、背景を単純化した素晴らしい作品。
(ガラ系写真で失礼する。)


2枚目
右は教育委員会賞の「かけくらべ」 吊り橋を駆ける子ども。

左側の青い作品は市議会議長賞。
水に浮かべたヒスイカズラの波紋を織り込んだ「夢幻」。
やはり作品の実際を観ないと伝わらないですね。

書は門外漢だが見るのは好きだ。次の2枚目は今回目に止まった書。





最後は工芸
今年はデコパージュがたくさん出品されていた。多分グループで出品をしようということになったのだろう。普段目にしないから新鮮であった。


さて、写真の作品は市議会議長賞「小石の動物根付」。
タコやウサギなど道端の小石で作った小さな根付け。
これはなんと甚平鮫だ。

今年の市展を見て、来年は、復活したいと思うのであった。

小田原さんぽ甘味摘み■小田原さんぽ 甘味摘みの詳細はこちら
3つのお店で使える、3人で使える!お得なチケット=1500円(500円チケット3枚)
32店からお好みのスイーツ食べ歩き  【開催中】 6月7日〜22日


Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣  【開催中】 5月31日〜6月22日

鶴亀屋春慶

2014年6月7日


吉原遊郭見世物小屋

いやいや、行ってみないと分からないものってありますよね。
店の前ではチンドン屋がにぎやかに楽器をならしている。
店の中やイベントスペース、路地裏の蔵バーには多くの若者に混じって白髪頭の人もちらほら。

千文の前売札についていた2枚飲食券はウーロン茶と焼豚に。


花魁ショウは500円を追加。
8畳二間くらいの2階会場すでに満杯状態。どちらかというと若者向けであろうこの店には不釣り合い?な白髪頭の年配のお客さんが多いのも、赤い灯りの薄暗い和室にはなんの違和感もない。それより、この人たちはどこでこの情報をゲットしたのだろう


一蘭春蝶・花魁の舞と一門の踊り、口上、三味線と小唄、江戸の花柳界の粋を楽しめた。


1階では、伊太利亜国歌姫や、ペルシャのベリーダンス、豪州国のディジュミーの演奏などなど。



またいつか再演してもらいたいものだ。

吉原見世物小屋

2014年6月6日

突然ですが

明日6月7日(土)18時半より
鶴亀屋春慶

と、パンフレットには書いてあるのですが、なにやら妖しい雰囲気が…

「江戸吉原の小路」文化と伝統、そして儚く切なき思いも 温故知新 鶴亀屋…の浮世小路…


う~ん。わからん
二階座敷は彼の日の吉原遊郭花魁の間 怪しく艶やかな舞…
一階は江戸の物売り、万国使節の歌や踊り…

訳が分からんが手の内にいつの間にか千文の木戸銭の前売が

詳しくは
鶴亀屋春慶のHPはこちら

19時半と21時半には花魁ショウがあるとか



■小田原城あじさい花菖蒲まつり イベントぞくぞく■
6月7日から6月22日


小田原さんぽ 甘味摘み
小田原さんぽ甘味摘み■小田原さんぽ 甘味摘みの詳細はこちら
3つのお店で使える、3人で使える!お得なチケット=1500円(500円チケット3枚)
32店からお好みのスイーツ食べ歩き
よく行くお店も参加しているとか



小田原市美術展覧会2014第67回市美展の詳細はこちら
市美展(後期)工芸・書道・写真 【開催中】4日から8日(日)まで

Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣  【開催中】 5月31日〜6月22日

和颯 WASOU

2014年6月4日


スープランチがお勧め
和颯

最近いろいろなところでランチを食べる。前から知っているところも沢山あるのだが、慣れからかついつい写真を撮るのを忘れる。

そんな訳でもないが、夜食事会がある時や今日のように帰りにコロッケを買って帰ろう!と「ランチは軽くしたいな」という日に時々いくのが和颯。

基本はブラックペッパーの効いたコーンスープに自家製パンのついた「スープセット」。
これが木製プレートにプレーンのパン(100円)にキャベツとスクランブルエッグやベーコンにコーヒーが付いて580円。
お好みでくるみパン(130円)に同じ580円で替えてもくれるからお得

「チキンカツサンドもできますよ。」さすがに足りない気がするときは、サンドイッチ(130円)を一つ足す。



前回は、焼きそばサンド!結局、毎回こうなるのだが総カロリーは分からない
気分は軽め!これで710円だから大満足である。

ピンクの暖簾が目印。ただ、まだ自家製アップルパイは食べていない。

6月7日(〜22日まで)から始まる「小田原さんぽ 甘味摘み」にも参加しているようなので、クーポン買っていってみよう!


入口の足元には季節を告げる額紫陽花。
和颯のHPはこちら


小田原市美術展覧会2014
市美展(後期)工芸・書道・写真 【開催中】今日から8日(日)まで

Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣  【開催中】 5月31日〜6月22日

5月第5週の工房

2014年6月3日

5月の工房


5月の末日の朝、工房に顔をだした。

市展で入選した平塚さんは、次の展覧会に向けて早くも制作に取りかかっていた。
リトルピープルシリーズの次回作になるようだ。


既に100体近く彫っているのに、新たな動きを粘土でしっかり作るところが平塚さんらしい。

増殖するリトルピープル。
形が決まると増殖スピードが格段に違うらしいモデル。


さて、次は、いつ、どこに、どんな形で出没するか楽しみである。



平田さんは、好きな花を彫り始めていた。
今回は蓮を選んだようで、何枚もの写真を手にしてイメージを確認している。


以前、やはり北アルプスの山々の写真を題材に彫った作品があったが、聞けば、この蓮の写真も天国にいるご主人が撮ったものらしい。

制作意図を伝えるのは、形や出来映え、タイトルも大切だが、作品には、それだけでは分からない作者の思いが刻み込まれています。

一緒に彫る仲間がいることも喜びの一つですね。



Art Now2014-2無尽蔵 文化芸術のHPはこちら
ART NOW 2014 @小田原城天守閣  【開催中】 5月31日〜6月22日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。