スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼はカミイチ、夜はこゆるぎ座

2014年10月25日


公園公演の梯子
カミイチこゆるぎ座


なにをやるにも絶好日和。
見よ。この青空。
この景色はカミイチが開催されている上府中公園(小田原球場)の
北に広がる田んぼと松田山の遠景である。

カミイチは66のお店が出店していました。

人気のベーグルやスコーン、シフォンケーキをはじめ、いろいろなクラフトの店や3Dプリンターの実演など興味津々。

湘南七宝焼の薄い青色のプレートが気になったな。
帰りに小田原球場のバックネット裏で少年野球の試合を少し楽しんだ。

さて、夜は楽しみにしていたこゆるぎ座である。

69年目を迎える老舗アマチュア劇団・こゆるぎ座の公演もやはり観客の年齢層が高い。

筋違橋心中は江戸時代の小田原宿を舞台にした人情世話物で内容は大人向けだな。

観劇の後に寄ったうどん屋さんで「へ~初めて知りました。こういう情報はどこに行けば入手できりの?」と何人かに聞かれた。
こゆるぎ座 筋違橋心中の記事はこちら

もっともっと多くの人にまず知ってもらうことが必要ですね。

さて、10月26日(日)の公演は午後1時開演です。
スポンサーサイト

いけばな諸流展

2014年10月23日


流派の花か、舞台の花か

家にはいつも花があった。花器があって剣山があった。だから生け花はいつも身近にあった。
そして、毎年楽しみにしている「いけばな諸流展」が始まった。

生け花はそれぞれの個性と才能と自然の美の調和だな。
相変わらず、年齢層は高いが、もっともっと多くの人に見てもらいたい日本の文化である。

いつもはダイナミックな作品を生けるが今回はお生花。小田原華道協会会長 杉崎宗雲作(御室流華道)

 ディスプレイもライティングも綺麗です。

 穂坂梅楽作(草月流)

 上田秀洋、所澤香舟作(池坊小田原支部) 面白いですね。真似されそうです! 

 高橋悦翠作(芳月流) よくみるフォックスフェイス(狐の顔)は、黄色が多いが、緑とのコラボ!

さて、25日(土)からは、後期が始まり、新しい作品と出会えますよ。是非、お運びを。

会期 前期=10月23日(木)・24日(金)、後期10月25日(土)・26日(日)
時間 午前10時〜午後6時 (閉場は5時30分) 最終日は午後5時閉場)
会場 小田原市民会館小ホール(3F)


さて、お花を楽しんだあとは、市民会館大ホールで舞台を楽しむのはいかがか。
舞台の花は、やはり役者。神奈川県下、最古参のアマチュア劇団こゆるぎ座の公演。

■こゆるぎ座 筋違橋心中 10月25日(土)夜、10月26日(日)午後の2公演



こゆるぎ座 筋違橋心中の記事はこちら



舞台の花が公演なら、こちらは公園
■カミイチ 10月25日(土) 10時〜16時
会場 上府中公園(小田原球場)
カミイチ(かみふなかクラフト市)のFBはこちら

こども風景

2014年10月17日


第6回 山田花菜個展2014
「こども風景」vol.2


たまにランチを楽しむカフェ・ミントココア。久々の店内はパステル調のたくさんのこどもの絵で溢れていた。

今も昔も変わらない学校の下駄箱の絵が気に入った。
今のこども達も「下駄箱」と呼ぶのだろうか?
プッシュホン←既に死語かになってもダイヤルインとか言うしね。
さて、この絵は児童書や絵本の仕事をしているイラストレーターの山田花菜(かな)さんの作品で、小田原では初の個展とのこと。店内には大小40点近い絵が飾られているので是非。

昼のミントココアはランチに専念するのがお勧め。ほんわかとした絵をゆったり楽しむならモーニングコーヒーかアフタヌーンティーと一緒がいいね。
ちなみに、写真のランチは胡麻麻婆セット。キッシュやおばんざい定食も美味しいよ。




会期 11月3日(月祝)まで
 月~木 7時~18時
 金土日 10時~20時 (10/19日・26日はお休み)

会場  カフェ・ミントココア 小田原市本町2-10-16
TEL.090 2910 6695

実はこのお店の上は小田原の鎮守松原神社の社の下にあるのだ。店の外観はこの絵の通り。これも山田さんの作品だ。


お店の詳細はこちら




西相展(市民会館)、小田原市写真展(けやき)共に19日(日)まで
今日、写真展に行ってきました。写真撮影はNGでしたので、興味のある方は是非現地へ。

■こゆるぎ座 筋違橋心中 10月25日(土)夜、10月26日(日)午後の2公演




こゆるぎ座 筋違橋心中の記事はこちら


■カミイチ 10月25日(土) 10時〜16時
カミイチ(かみふなかクラフト市)のFBはこちら



富士山初冠雪と西相美術展

2014年10月16日


富士山の初冠雪である。

昨夜の山頂は-12℃だったとか。例年より遅いそうだがこの後も穏やかな秋の日が続くらしい。




そんな日に昭和27年(1952)に始まり62年目にして第79回を迎える西相展を観に市民会館に行ってきた。今年は彫塑10点、日本画26点、洋画99点に高校生の49点の184点が展示されている。



まずは2階展示室の彫塑から。

■「○△□シリーズ(母子)」高橋和夫
■「青春」奥津登紀子、「みんなの誓い」渋谷武美、「空(クウ)」根津憲一

次に日本画からは「起こさないで」桜木裕子。ペットのなかでもかわいい猫の写真や動画を載せたブログはネットでも人気である。







さて、洋画は抽象画を中心にいくつか目についた作品を取り上げてみた。まずは、市長賞と風景画を。
旅1湖
■「旅・追憶」高田稔      ■「静寂(月山五色沼)」山崎勝

続いて抽象がである。作者は必ずと言ってこの絵に意味を持っている。当たり前か。まぁ、それぞれ感じて欲しい。今回は次の7点の抽象がを取り上げて見た。
薫風夜想曲繋ぐ右赤
■左 「夜想曲」勝俣充子、「薫風」香川猛    
■「繋ぐ」松村明美、「ラブリーガール」桝井絢美 この2枚が面白かった。
山崎田嶋白須
■「斟」山崎敦司、「三勤交替」田嶋佳子、「Wahine」白須武子
  ※斟酌の斟(しん・と読む)



西相展
会期 10月19日(日)まで 9:00-18:00 最終日は17:00まで
会場 小田原市民会館


さて、明日は第59回小田原市写真展を観に行こう!
会期  10月19日(日)まで 10:00-18:00 最終日は17:00まで
会場  けやき(小田原市生涯学習センター)

こゆるぎ座 筋違橋心中 10月25日(土)夜、10月26日(日)午後の2公演

こゆるぎ座 筋違橋心中の記事はこちら

ヤビツ峠 ズンドバー

2014年

ヤビツ峠 台風一過
スーパー台風19号は幸い逸れて、2週連続の雨の休日は免れた。

久々の青空である。富士山を望む大井松田IC手前の跨線橋は28℃。

こんな日は高いところに上がって景色を楽しむのが一興。

ということで、蓑毛からヤビツに上がることにした。

峠手前の展望広場(菜の花台)は平日の割にカメラを持った人が何人かきていた。

この展望台に上がると東は江ノ島、三浦半島、東京湾の向こうに房総半島が見える。
台風の後なので低地に淀む排気ガスの薄茶色の帯も見えない。
そして南には高麗山から始まる大磯丘陵が広がりその先の相模湾には伊豆大島が横たわる。
眼下には太陽光に輝く秦野盆地広がる。



さて、写真は大磯丘陵の西端の曽我山の向こうに小田原の街、真鶴半島と伊豆半島の山波と大室山まで望める。
更に西に目を転じると富士山が見えるのだが、この時は既に山頂は雲に覆われていた。

ベンチでお湯を沸かしコーヒーをドリップしてしばし景色とともに楽しんだ。

さて、ヤビツ峠を過ぎると陽の当たらない暗いスギ・ヒノキ林を抜ける林道が宮が瀬まで続くのだが、神奈川県の環境税の効用か間伐が進んでいて森に光が差し込んできていた。
途中の中津川は台風のためかこの時期には珍しいほど大量の水、それも案外きれいなみずが流れていた。

ここまでくればお約束の宮が瀬、鳥居原駐車場へ。この時期23℃は暖かだろう。

帰り道、七沢温泉で久々のZUND-BAR(ズンドバー)に寄った。
つけ麺で有名な店だが、今日は醤油ラーメン(スープは淡麗)にした。
魚介スープに少し固茹での細麺が合う。これなら1玉半位がちょうどいいかも。
平日の午後3時はさすがに空いていて待ち時間なし。

次は久々につけ麺かな?

楽しい1日でした。

手作りカホンワークショップ

2014年10月11日

カホンワークショップ

申込み開始!
11月1日にオープンする新しい小田原地下街・ハルネ広場で開催される。

カホンただの木の箱?巣箱のようにも見えるカホン(Cajon)は、ペルー生まれ。近年ライブ会場やストリートミュージシャンが使い話題の打楽器。
この流行りのカホンを小田原産木材で作っちゃおう!
レッスンも受けて演奏までやっちゃおう!ミニライブも楽しんじゃおう!
という欲張りな企画。

木とカホン 八崎 篤 手作りカホンプロジェクト実行委員会代表
カホンはここをみてみて
演奏・カホンレッスン 巻上公一さん、佐藤正治さん(ヒカシュー)

日時 11月9日(日)13:00~
場所 小田原地下街ハルネ広場
対象 一般/親子参加も歓迎
参加費 2000円


第1次募集(15名)は2日間で満杯になったらしい!
第2次募集(10名)は、11月1日(土) 午前9時から市民会館まで!
直接並ぶのが優先とか!!

問合せは 小田原市民会館 TEL 0465-22-7146

カホンワークショップの詳細はこちら

■ 11月9日の報告: 結果カホン プロジェクトFB 小田原ハルネの様子はこちら


 スーパー台風の来る間に!
■10月11日(土)・12日(日) 小田原城二の丸広場 小田原おでん祭り

■10月12日(日)小田原城 小田原駅周辺 小田原城ミュージックストリート
 

小田原城ミュージックストリート & カホンワークショップ

2014年10月11日

10月12日は
第8回小田原城ミュージックストリート
8th Annual OdawaraJo Music Street


小田原産木材でカホンを作ってみよう!ワークショップは、今日から受付開始

さて、昨年は冷たい雨にみまわれたミュージックストリートだが、今年はスーパー台風19号の直撃前に開催できそう。

11:00-16:00頃まで
小田原駅ペデストリアンデッキ、駅前の東通り、北條ポケットパーク、錦通りみずほ銀行前、アプリ・エポ前、おでん祭りステージ(二の丸広場)など各所で歌や演奏が楽しめる。
12月7日は、ROCK DAY(市民会館大ホール)も予定されている
OMS7.jpgOMS1.jpg
OMS3.jpgOMS2.jpg
OMS5.jpg

小田原城ミュージックストリート 



■カホンワークショップ 受付開始!

■ Rock Day Odawara Jo Music Street
   12月7日(日) 小田原市民会館大ホール


 スーパー台風の来る間に!
■10月11日(土)・12日(日) 小田原おでん祭り 小田原城二の丸広場 
OMS6.jpg
小田原おでん祭り

餃子屋

2014年10月8日

餃子屋である。

よく通った餃子屋の餃子は小ぶりで普通と強力があって選べた。この餃子が10個ついた餃子定食を注文するのは大概初めて店に来た人たちだ。
常連さん(例・2人連れ)が「強力30、普通20に竜田揚げ1つ」などと頼むのを聞いて「有りかぁ~?」と目を見合わせることもしばしば。「1人20個はあたりまえ~」
定食が物足りない訳ではないが「追加お願いしま~す」と学習能力をすぐに生かすお客さんもいた。
店主にメニューの書き方を助言したら、餃子定食(普通/強力)10個口・・・円、20個口・・・円、30個口・・・円に変わった!
残念ながら、この店は10年位前に閉店してしまい、以来餃子専門店に行ったのは、宇都宮のみんみん餃子や正嗣くらいで、あとはラーメン屋か中華料理屋で食べるくらいになった。

さて、またまた前置きがながくなったが本題の餃子屋である。


「餃子屋」は屋号。
ここの餃子はでかい!


具もたっぷりでジューシー、熱々で火傷するほど美味い(^O^)/
東海大そばの「味の味噌一」や厚木の「日の出製麺所」の餃子もでかいが、そこはラーメンと一緒に食べるから1人前4つでちょうどいい。
ここ餃子屋は1人前7つ!ワカメスープがつくセットは満腹になるから私は餃子1皿とライスだけにしている。
この日は珍しくモツ煮と生ビールなんかたのんじゃったので満腹もいいところ
水餃子やカニやエビ、イカ餃子などもあるが注文を聞いていると「スタミナ」が人気。

お得なランチ(なんと10個!)もあるが、夜ともなると店は満席、お持ち帰りの電話もよく鳴る。
回転は案外速いから混んでいてもちょっと待つのがお勧めかも

お店は小田急線栢山駅から徒歩3分。そこ、どこ?


栢山は小田原市の北部、酒匂川の流れる足柄平野のど真ん中で開成町、大井町、南足柄市に接している。
あの二宮金次郎の生誕地であり「尊徳記念館」は店から南に直線1kmだ。

長くなるから金次郎はまた機会に残しておこう!

餃子で腹を満たしたい時にお勧め

餃子屋 食べログはこちら


<予告>スーパー台風に負けるな!
■10月11日(土)・12日(日) 小田原城二の丸広場 小田原おでん祭り
■10月12日(日)小田原駅周辺 小田原城ミュージックストリート
 

アンデパンダン展始まる。

2014年10月3日

第61回小田原市民文化祭
61文化祭    市民フェス

秋の小田原の文化祭は、9月13日の「天満淳子と仲間たち」小田原楽友協会から12月14日の相模舞台同盟の公演まで、31の事業があるのだが、今日10月3日からそのオープンイ事業が始まった。

市民による芸術文化創造フェス

アンデパンダン展は、誰でも何でも出展できる無審査の公募展である。

今回はおだわら無尽蔵プロジェクト・文化芸術のART NOWに参加した作家たちの出展が中心だが、まずは一人でも多くの人に観てもらい、来年は更に幅広い分野や年齢層から「自分を表現してみたい」人たちの参加を期待する。

■ espuma Ⅱ by 勝京子(プロフィール) 編んだ玉 素材は??   
■右 聖堂 by 齊藤四郎

■ 寄り添う by SHZUKA         ■ 
kuu.jpg
■ 円相 by 杉崎宗雲 HPはこちら   ■ Kuu by 小玉文夫  日本画である。
裸婦壊す
■ 裸婦 by 安藤美茂           
■右 Monstor Attack Odawara City by 若林寧人: お城やアリーナなど小田原のランドマークを様々なモンスターが壊していく。これは、アンデパンダン展の会場である市民会館アタック! 新九郎通信の記事はこちら
能面青
■ 能面 by 鈴木静夫・吉田 豊 美術品でも、工芸でない能面が、美術展に出品されるのもアンデパンダン展ならでは。 
陶勝
■ 朝 by 波多野安希(プロフィール)  ■ '14-A象 by 勝 孝(プロフィール)
室内

会期: 10月3日(金) 13:00-17:00 
    10月4日(土)10:00-17:00
    10月5日(日) 10:00-16:00
会場: 小田原市民会館 小ホール(3F)
第61回小田原市民文化祭の詳細はこちら
おだわら無尽蔵 文化芸術のHPはこちら

Rio Live-concert @Ryman's

2014年9月30日

シンガーソングドランカーRio

2ヶ月に一度、小田原・Ryman'sで開かれるライブは、しわがれ声の大阪弁シンガーソングライターのRIOさん。


以前から誘われていたのだが、やっと店のカウンターに席をとった。腹ごしらえに少し早めにいったとはいえ、まだ客はまばら…
アドミッションは3千円。これにはお通し代わりにオリーブオイルと塩で食べるソフトフランスパン(お向かいの創業百年のパン屋さん・田中屋)と、なんでもありのファーストドリンクが付いている。


19時を少し回ってライブが始まる頃には満席になっていた。なにせ、Ryman'sのライブは今回で18回目、年間に全国150箇所でライブをやっているというから無用な心配であった

Rio(vo&ag)、江川綾(b)
9時半まで2ステージで「夜を唄えば」「シトロエンに乗って」「Lullabye」など彼のオリジナル10数曲を楽しんだ。


まぁへたな解説で伝わるはずもないので彼がアップしているYOUTUBEをご覧あれ。
「夜に唄えば」ボサノバ調 by Rio
「シトロエンに乗って」 ライブの雰囲気が伝わるよ
う〜ん、シトロエンBX19 BREAK 懐かしい車を思い出すなぁ〜

聴いてみたい!いいじゃん!というあなた。
次回は12月6日だそうだ。
Ryman's


ライブ情報
ERI KONISHI PIANO TRIO
w/渡辺俊美
10/8WED LIVE at nico cafe
18:00 open 19:00 start
tiket \2500
for more inf., call 0465-43-6692

nico cafe ブログはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。