スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑日 

2015年7月26日

下草刈り
山仕事に精を出している仲間にアイスクリームの差し入れを!

今日は、朝からすでに30度超え。
R246の東山北にある「山ちゃん」で、夏祭りをやっているというので、久々に友人の顔をみがてら、美味しいとうもろこしをいただいた。
昨日は1日で200本売れたとか!ブルーベリーも250円と激安!私のオススメは「梅エキス」2100円。
白加賀を煮詰めて作った名前のままの梅の濃厚エキスである。
最近バイパスができたので、目立たなくなったかと思いきや、ひっきりなしに車が入ってきた。
今日もとうもろこしは売り切れ必須のようだった。

少し買い物をしたが、この暑さでは夕方まで車に入れておくことは不可能。ということで出直して毎年春に桜をみに行く厚木の上古沢の緑地に向かった。

上古沢木々と草の緑と青空の写真からもすでに35℃超え暑さが伝わるだろうか?
木陰が涼やかに思えるだろうが、暑すぎです。
炎天下刈払い機の音が聞こえてきた。炎天下で背丈まで伸びた草刈りは、気温が何度であろうが、高校野球の球児にも負けない重労働である。私も7年前まではこの時期毎週のように下草刈りに汗を流していたが、これほどの暑さだっただろうか?

アイス
水分は十分とっていてもなかなか体は冷えない。午後2時、一休みには丁度良い時間に、かき氷のアイスを差し入れた。
今日は、昔からの仲間である精鋭5人。熱中症と蜂に刺されないことを祈るのみである。お疲れ様です。
⚫️フォレストフリーク


波帰りは、平塚に出て海を見ながら帰ることにした。台風12号の影響か、大磯の海はいつもより波が高かった。

夕暮れ明日も暑くなりそうである。

スポンサーサイト

きまつり カホン まだ間に合うよ

2015年7月23日

カホンワークショップ2 まだ参加可能だそうです!
kahon.jpg

⚫️カホンの記事はこちら


⚫️Rioライブ @Rymans 小田原
7月25日(土) 19:00 @Rymans

Rioさんの ブログ ライブ告知

⚫️一曲聴いてみて! 夜に唄えば♪

昨年のライブの記事

厚木 本丸亭

2015年7月19日


塩ラーメン
本丸亭


学生時代に好きだったタンメンに始まり、どさん子の札幌系味噌の大ブレイク、その後は塩バターが随分長かったが最近は味噌系ラーメンが多いんですよ。

さて塩と言えば小田原・青物町にも鉤屋があるが、やはり厚木の本丸亭でしょ。

羽根付き餃子を先に注文してからメニューをみるが・・・

結果はいつも塩ラーメンに30個?限定の塩たまご。


縮れ麺にスープが絡まり「塩っ!」を注文したことを再認識できます。
その味を引き立たせるとともに飽きさせないのがとろっとしたチャーシューと春菊の苦味ってとこでしょうか。

駐車場がまた増えていました


厚木にいったら是非。

近くの麺屋食堂とタンメンのらおしゃんしか厚木のラーメン屋は知りませんのであしからず


【夜市】
⚫️昨夜18日 大磯エクスチェンジマートにいってきました。昼間のロングビーチの営業が終わった19時から24時まで。
次回は8月15日の夜19時から(入場料1台500円)

エクスチェンジマートのHPはこちら

⚫️カミイチ(かみふなかクラフト市)
カミイチ LOGO
ナイター7月25日(毎月第4土曜日)は16時から20時30分
夜市は100店舗限定だそうです。
カミイチのFBはこちら

【公募】
公募 ⚫️秋の文化祭オープニング事業のひとつ
無審査でだれでも出品できる美術展
 

小田原 アンデパンダン展 


カホンワークショップ2 小田原 きまつり

2015年7月14日

カホンを作って叩いて楽しんじゃおう
「きまつり~森と木に包まれる夏~」 8月8日(土) 
参加者募集が始まった!

去年、小田原駅地下街ハルネのオープニングイベントの一つとして行われたカホンワークショップ。
小田原産の木材を利用して南米の打楽器・カホンを作っちゃおう。

kahon.jpg
今回は、昨年に引き続いて、カホンプロジェクトの八嵜さん、林青会に加え、オーストラリアのディリディジューなど民俗楽器によるパフォーマンスを続けている小田原ディジュミーの皆さんによる演奏とカホンの手ほどきもあると!
35

今年は、森林・林業のお祭り8月8日の「きまつり」とコラボして行われるため、会場はいこいの森。
申し込みは小田原市農政課です!
カホン申し込みはこちら: きまつり


暑いですね〜!
酒匂川ここは、歌川広重 東海道五十三次 酒匂の渡し(小田原)
箱根連山を望む: 双子山、駒ヶ岳、明神ヶ岳、右端の雲の向こうに富士山

満員御礼 (7月22日 訂正)
カホンワークショップ、まだ余裕があるそうです!
「定員に達したそうです」と過日追記しましたが、まだ空きがあるそうです。
興味のある人は、この夏にmyカホンをゲット!


公募 秋の文化祭オープニング事業のひとつ
▪️無審査でだれでも出品できる美術展
 
小田原 アンデパンダン展 

ペコちゃん展

2015年7月13日

日本初のペコちゃん展
それも公立美術館・平塚市美術館で開催というから・・拍手です。

7月11日の初日に出かけてみました。

平塚市は今、市庁舎建設中、その北側の図書館、博物館、平塚警察署と総合公園のちょうど間にある。
無料駐車場もあって・・・羨ましいの一言です。
ということで、アプローチから紹介します。
p1.jpgp2.jpg 美術館に東側からイベント掲示板に始まり、エントランスへは、水辺のレストランを左に、緑の芝生と美術館を右手に見ながらアプローチ。
p3.jpgp4.jpg
一昔前に流行った水に映し出される美術館。経費節減でも水をちゃんと張っているところが偉いですね。
ペコちゃん号である。不二家はここ平塚と秦野に工場がある。神奈川といえば日産、平塚と秦野には日産車体があるが、残念ながらトヨタ車であったw
5.jpgp6.jpg
ペコちゃんが3体?w
ペコちゃんは1950年生まれの永遠の6歳。身長100cmで体重が15kg。ポコちゃんは、7歳で身長は100cmなんだそうです。

p7.jpg当時のペコちゃん。こんなにきっちりした顔していましたかね??
p8.jpgp9.jpg
懐かしいモールの手提げがついたミルキーの大箱。母親の実家に電車で泊まりに行くときに、駅の売店で買うのは、このミルキーの大箱か、電車セット(切符や切符切りのハサミが入った)でした〜。
また、「気鋭のアーティスト ペコちゃんに挑戦!」これは、内田望氏の「milky cow」

p10.jpgp11.jpg
小田原で製作された三沢厚彦氏の馬も展示されていた。同美術館では12日(日)まで平塚市展が開催されていたので覗いてきました。
綺麗な美術館での展示はいいですね。写真のギャラリートークは大勢の人で賑わっていましたが、残念ながら、木彫の出展はほとんどありませんでした。

⚫️ペコちゃん展は9月までやっているので是非!


会 期: 7月11日(土)〜9月13日(日) 9:30 - 17:00
休 館: 月曜日(但し、7月20日(祝月)は開館、翌20日(火)が休み
観覧料: 一般800円、高大生500円、小・中学生(無料)

カンパーニュ 茅ヶ崎

2015年7月11日

自家製天然酵母パン
psipsina プシプシーナ



朝早いと仕事と言えば魚市場、豆腐屋さん、新聞屋さんにパン屋さんでしょう。


午後3時(平日)に開店する茅ヶ崎の小さなパン屋さんプシプシーナ(黒猫ちゃん?)は自家製天然酵母を使った完全無添加のハードパンを焼き上げているそうです。

車で行くにはちょっと道が狭い。サザン通りの西、車が通れない踏切の近くと言っても地元の人にしか分からないかも。



茅ヶ崎方面に行くときは細長い方のカンパーニュ(サイン左に2本写っているでしょ)を2本(@520円)買って帰ることにしているんです。
1本はスライスしてジップロックして冷凍庫に。
食べる時は自然解凍がお薦めだそうだが、そのままトースターで焼いてももちろんOK。

土は12時半にオープン。平塚美術館の「ペコちゃん展」の後、足を伸ばして行ったのですが、「今日は焼き上がるそばから売れちゃって・・・」と店主。お気に入りのカンパーニュは完売でした。(T_T;)

その味は茅ヶ崎で今、話題となっているそうだ。ソフトパンが15分位で焼けるのにハードパンは40分位かかるそうで、最近オーブンを追加したそうです。(^^)v

パン好きの人は是非。
夜は8時半まで。遠い方には通販もあるそうです。
▪️ 15:00-20:30 月・水・金曜日
▪️ 12:30-18:00 土曜日・祝日  定休日: 火・木・日曜日
▪️ 電話 0467-38-6067
▪️ 茅ヶ崎市共恵(ともえ)1-16-12 


⚫️プシプシーナの紹介記事: とことこ湘南

⚫️psipsinaのブログ

⚫️twitterでパンの焼き上がり時間なんかも分かるみたいです

大賀ハス 小田原城南堀

2015年7月8日


見頃は7月中旬か
小田原市郷土文化館のバルコニー開放


前日までの雨があがり、まだときおりパラパラと雨粒が落ちてはいるが、雨の雫が蓮の葉に残っているか?いないか?
午前中に少し時間が取れたので小田原城の南堀の大賀ハスを見てみようと。
見頃は、これからとのことだが、郷土文化館のバルコニーが7月4日から開放されていることもあり、開花の様子とバルコニーからのアングルをみにいってみました。

ここ、南堀のハスは、昭和26年に千葉市の縄文時代の落合遺跡で発見されたたった3つのハスの実の唯一1つだけ開花した2000年前の古代ハスで、研究者の名をとって大賀ハスと呼ばれています。
小田原には、昭和54年(1979)に株分けされされたそうです。
郷土館小田原城箱根口・観光バス駐車場横の御茶壺橋からの図。左に御感の藤、南堀と郷土文化館(正面右側のバルコニーにあがれます)。
蕾蕾を見えうる限り数えてみてもまだまだ少ないなぁ。
deck.jpg郷土文化館のバルコニーからハスを見下ろす。正面が御感の藤、トラックの左が御茶壺橋、その左に観光バス駐車場(ここはバス専用ですがバイクは駐車できますヨ。自家用車は、藤棚の先にある駐車場を)
大賀上の写真の真ん中に見えるハスをアップで。

<郷土文化館のバルコニー開放>
蓮 pdf




ぺこちゃん1 イイネ! ペコちゃん展 
7月11日から9月13日まで 

平塚市美術館に拍手 是非観に行きます




芸術文化創造センター

2015年7月6日

実施設計の概要発表
小田原市芸術文化創造センター


開設後50年を経た市民会館に替わり、再来年(平成29年)秋の完成を予定している新しい芸文センターの最終形である実施設計が明らかになった。
align=
初期構想から随分長い時間が過ぎたが、やっとその形が見えたということで、先月現地説明会も開催されたので、資料(実施設計概要版など)をもらい、模型の写真を撮ってきた。

詳しくは小田原市のHPに概要版が掲載されているので覗いて観て欲しい。
1F.jpg
小ホール 大ホール

「個性ある三つの街」をコンセプトに建物の中に「劇場の街」「演者の街」「創造の街」の各施設が配置されている。

使いやすさと賑わい、新しい文化と小田原で培われた様々な文化が融合し市民に愛される施設になって欲しいものです。


ぺこちゃん1イイネ! ペコちゃん展 
7月11日から9月13日まで 

平塚市美術館に拍手 是非観に行きます





タンタン麺は辛い

2015年7月5日


坦々麺は辛い

1万円で2千円おいしいプレミアム商品券が売り出される少し前、スーパーで「限定再入荷!次はいつ入るか分かりませ~ん」と連呼している。
見れば「小田原系タンタン麺」とか。なにをもって小田原系か?はこれもよく分からない定義だが…

本題は、かの四川の坦々麺ではないか!
限定につい2つ購入。

坦々麺は辛いから普段食べない。なので四川に行ったときは辛さ「普通」にした。

この即席(死語か?)カップ麺、店の「普通」より美味い!ピリッと辛く、味がぼけてない!

日清のカップヌードルは比較する店売りがないが、ベストセラーであることがそのもの味として万人が認めている。
この点で四川のカップ麺はアリです。溶かす片栗粉を少なめにしましたが。
ただ、辛さを求める人には増量用の別包のスパイスがあるといいかも。

<雪だるま>
さて、マスターに「忘れられたかと思った」と言われた雪だるまに昨日寄った。25年近く通っているが、実は食べたことがない坦々麺を注文した。「え~お初?」とマスター。
雪だるまでお初の坦々麺。真っ赤でしょ!
ご馳走様でした。美味しかったです。
「やっぱ辛いね!」といったら「そりゃ坦々麺だからねw」と。小田原に来たら雪だるま!是非。

※雪だるま: すでに当然のごとく取り上げていたと思ったのですが・・・。食べログ貼っておきました。
 味噌チャーシューとスタミナが好きです。



期間限定か分からないが四川の「小田原系坦々麺」はコンビニでも売っていたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。