スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きこりの木馬 その1

2015年9月30日

ずいぶん時間が経ってしまったが、9月19日のレポートです。

まずは、午前中は「きこりの木馬」制作に参加しました。
森の仕事は、ごぶさたですが、こういう仕事ならと久々に参加しました。
準備
ここのところ涼しくなってきたのに、この日は暑い暑い!
箱根の九頭龍の森のヒメシャラの倒木を胴に使う贅沢な木馬・・・といってもこれはイノシシになるのだが・・・ww

body.jpg
チェーンソーで切り、脚を差す穴を開けたものが、流れ作業でどんどんできてきます。
こっちは日陰をみつけてチーム名を彫りました。(汗)
木馬 ソー
脚ができると、さて次はチェーンソーを駆使して・・・


次は、"芸術文化創造センター・意見交換会@小田原市役所へ
意見交換会1
昼を挟んで、2時まで作業をしていたので、すでに4つの選択肢の説明はほぼ終了していました。
プレゼン
その後、設計者である新居千秋氏からの設計者としての経緯と思いが語られました。
見直し案その中にあったのが、選択肢の一つにある小ホール省略案がこれ。

その後、意見交換となり、終了時間を過ぎても様々な意見が飛び交いました。市ではこの日の意見は後日まとめて発表するとのことですが、さて結論は年末までにはとの話がありましたが、この第1回と銘打った意見交換会に第2回があるのかは不明です。

予算額の増額はないとの決定があるなか、この日提示された4つの案が予算内に収まる保証もないが、ここまで纏まりかけた実施案を目の前にして、やはり一日も早く建設をしてほしい・・・との意見、またまだ議論を続けるのか??
なにか、設計者によって示された小ホール後回し案だけが、当たり前だが具体案のように見えたのは私だけだろうか??

さて、朝から体を動かし、汗を流し、午後は冷房の効いたホールに3時間座り続けるとやはり疲れるのであった。

そんなわけで、夜9時に始まるNHKの「"鬼と呼ばれた男 松永安左エ門">」は録画予約。
老欅荘座敷
小田原は出ないと思っていたが、居所の名前(老欅荘)にある大きな欅(けやき)と、骨董の茶碗を眺めるシーンでこの座敷と奥に土塀が写っていました。

さて、明日から10月です。
市民文化祭が始まります。2日から4日はオープニングイベント。
文化芸術展・アンデパンダン展、越後妻有の大地の芸術祭からの報告やパネルディスカッション
文化芸術展

4日(日)は、"小田原楽友協会">主催の第65回コンサートもあります。バイオリンとチェロの姉弟の息のあったデュオの演奏を是非お楽しみください。
楽友


スポンサーサイト

森羅

2015年9月26日


毎年春の木彫展の時にランチを食べるなりわい交流館近くの中華料理店・森羅です。

回鍋肉、青椒肉すはお薦め。タンタン麺は一度だけで、あんかけ海鮮ラーメンは熱くて難儀。
どれも千円でお釣りがくる。


回鍋肉定食(コーヒー付き)

青椒肉絲定食(コーヒー付き)

今日は醤油味の野菜炒めラーメンにしました。細麺でした。


+200円で餃子3個にライスに・・・ ライスまでは食べきれないなぁ
これで1200円超!


森羅(後ろになりわい交流館や豆大福の伊勢屋が見える)

次回は五目かた焼きそばにチャレンジしてみますかな。

アップしたい情報がありすぎてまとまらないので穴埋めは食べ物ネタで失礼します。


9月19日

2015年9月19日

秋晴れです。世の中、連休初日のようですね。
今日9月19日は、いろいろあります!

⚫️フォレストフリーク 木馬づくり
⚫️芸術文化創造センター意見交換会 14:00 - 17:00
⚫️鬼と呼ばれた男 松永安左エ門 NHK 21:00 - 22:00

1日、お楽しみください!

芸術文化創造センター第1回意見交換会

2015年9月13日


随分ご無沙汰をいたしました。
まず、過日の豪雨による堤防越水、決壊により被害に遭われた常総市、大崎市の方々をはじめ皆様にお見舞い申し上げます。
大雨のたびに小田原では久野川・山王川沿いのエリアに出る避難勧告がテレビのニュースに流れているころ、豪雨をもたらした雨雲域は東へと移り三浦半島から茨城、栃木県の真上に一線となって留まり、そしてニュースは東北の津波を彷彿とさせるような洪水の映像へと変わりました。
天井川になってしまった酒匂川のある小田原も決して他人事ではありません。災害は思わぬ時に思わぬ所で起き、思ってもいなかった影響を及ぼしますから。


芸文創造センター建設工事の入札不調の結果
4つの代替え案を提示

さて、東日本大震災の復興事業による人手不足や資材の高騰を招き、東京オリンピックの開催決定でさらに加速しました。新国立競技場の建設費の増大から白紙撤回、再募集となり、その他オリンピック関連施設の建設費も予算額を大幅に越えるものとなっていますね。
やっと実施設計にまでたどりついた小田原の芸文創造センターですが、落札予定価格73億に対する入札額は94億で実に21億の超過で不調という残念な結果となりました。

このことから市では29年度開館との当初案の延期を決定するとともに以下の4つの対応案を示しました。
①建設工事の延期
②設計の見直し
③分割工事
④公募プロポーザルによる事業提案

新聞には、ずいぶん細かく紹介されていましたが、これらを踏まえ参加者、設計者と市の意見交換会が来る19日に開かれるそうです。さて、どうなることでしょう?

<意見交換会>
日時: 9月19日(土)14:00~17:00(13:45開場)
場所:  小田原市役所大会議室(7F)
申込: 不要
問合せ:  文化政策課 0465 33 1702

⚫️9月19日(土) 21:00~22:00 NHK 鬼と呼ばれた男 松永安左エ門


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。