スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第80回 西相展

2015年10月30日

創立86年目を迎える西相美術協会の
第80回 西相展

観てから見るか、見てから観るか?

70周年を迎える劇団こゆるぎ座の第63回公演「荻窪用水記」は、明日31日と1日の2日間、小田原市民会館大ホールで行われます。
時を同じくして、本館2階展示室、3階の小ホールでは、80回目を迎える西相展が開かれています。

100号、150号を越えるたくさんの大作をみることができます。大きさもさることながらその繊細さや色合い、おおっと思う画材などもみつけておもわずにやっとしてしまうことも。
西相展は公募もあり、一般、会友、会員から洋画95点、日本画22点、彫塑11点に加え、ここ数年は高校生の部を設け、今年は43点が出品され、合計で171点の作品が楽しめます。
80回賞
「ノルマンディーの小さな港町」 高田稔 第80回展記念賞・会員推挙
準備
「明日の出漁準備」椎野清吉 西相美術協会賞・会友推挙
2ホザーナ 
「ホザーナ」 山崎成子 会友・会員推挙
1夢の断片 
「夢の断片」 西垣雅子 市長賞・会友推挙

4高橋 
「おねえちゃん遊ぼう」 高橋和夫 会員・会員賞
3.jpg 「家族Ⅳ」 渋谷武美 会員
5 のコピー 「母子像」 平塚幹男 教育委員会賞
6.jpg 「座る」 高橋なおみ 奨励賞

⚫️西相展 10月28日〜11月1日 9:00 - 18:00 (最終日は17:00まで) 市民会館本館

折角の機会ですから、70年、80年の長きにわたって小田原の文化芸術の一翼を担い、育んでこられた2つの団体の公演と展示会を是非楽しんでいただきたいと思います。

スポンサーサイト

こゆるぎ座 荻窪用水記

2015年10月26日


劇団こゆるぎ座
創立70周年記念(第63回)公演
小田原藩治水録「荻窪用水記」

さて、こゆるぎ座のだしものである「荻窪用水」であるが、劇になるほどの難工事であったがその恩恵たるや、水田のなかった貧村であった足柄下郡荻窪村と用水沿いの五ケ村に70町歩の水田を拓いたとのことです。

※メモ
1町歩(10反)=約10,000㎡=1ha当たりの米収穫量は現在は70から100俵だそうです。
要は1反(300坪)=10アール当たり10俵。
ちなみに1俵=60kgって知ってました?
まぁ、江戸時代に今の収穫量は40俵くらいだったそうなので、70町歩だと単純計算で2,800俵。
年貢は四公六民、五公五民とも言われますが、二人扶持30俵とも言われる下級武士の俸録を考えるとたいそうな収穫量であることは確かですね。

【荻窪用水】
さて、さて、この荻窪用水ですが、農閑期で行商に来た足柄上郡川村(現山北町)の川口広蔵が村の困窮を知り用水整備に乗り出したと。
山北の瀬戸堰整備にも関わった経験を生かしたとはきくが、一介の農民がいかに資金や協力を得てこの20年にも及んだという難工事を成し遂げたのはかは不明とのこと。

小田原厚木道路をご存知なら小田原東ICから荻窪ICまでは平地から荻窪丘陵沿いに登っていますね。
この左手が荻窪で、ここに水を引くとなると更に高い所に取水口を設けないと無理なんですね。
小田原城下に上水を引き込んだ「小田原用水」の取水口は国道1号線が町中を過ぎ早川に沿って走る板橋で標高も低いのです。ここは荻窪ICを過ぎトンネルを抜けた小田原厚木道路の高架が上を通っていますから、取水口は更に上流しかありません。

長くなるので…勝手に中略…箱根湯本駅を過ぎ、駅伝でも有名だが、最近通行できなくなった函嶺洞門(かんれいどうもん)の反対側なのです。
ここから湯本駅の裏側の山間部を17もの隧道で結び荻窪まで約7km。山崎(湯本駅手前に最近できた1国と箱根新道のJCT付近)、入生田(地球博物館付近)、風祭(風魔の里)、水の尾を抜け(一部板橋にも)荻窪川につながり20町歩の新田ができたそうです。

さて、写真は水の尾の用水。
下の写真の右ガードレール先を左から右へ流れています。高いところを流れているのが分かると思います。








ここを下りた荻窪ICをくぐった右側(小田厚下りICを降りると正面=必ず一旦停止)には「貯水池跡」。








ここを左折し小田原駅方面に下っていくと市方神社近くにある市方堰。多分ここで右の水車側にも水を分けているのでしょう。








道の反対側には水車が残っている。






【めだかの学校】
めだか~の学校は~♪川のなか~で始まる童謡「めだかの学校」は茶木滋が子どもを連れて荻窪川(用水)で詠んで歌になったそうです。
めだか「めだかの学校」の紹介施設が、小田原税務署近くにあります。以前は、ここにも小田原の固有種・クロメダカがいたのですが・・・、いまはビオトープで静かに育てられています。


【山縣水道】
さてさて、長くなりましたが、明治の元勲山縣有朋の別邸に水を供給した「山縣水道」の水も実はこの荻窪用水からの分水で山中に直径26m、深さ4mの沈殿池から古稀庵に引かれていました。

もういいでしょう!公演のお知らせです。

⚫️劇団こゆるぎ座「荻窪用水記」二幕六場】
・10月31日(土)18時開演
・11月1日(日) 13時開演
・小田原市民会館大ホール
・入場料 1,000円

チケット: 平井書店、伊勢治書店、有隣堂小田原ラスカ店、井上楽器、小田原市民会館、ダウナシティチケットぴあ

問い合わせ: こゆるぎ座 080 3915 2211

70年も続くアマチュア劇団は、神奈川県で最古。常に小田原を舞台にしたオリジナル戯曲にこだわるこゆるぎ座。
観に行くことが応援です。是非に。


木馬きこりの木馬 READYFOR?

きこりの木馬 READYFOR?

2015年10月24日

きこりの木馬を子供たちに贈ります
READYFORにご協力を


小田原市文化祭のオープニングで開催されたアンデパンダン展にも出品し
好評を得た「きこりの木馬」
moblog_49035afd.jpg
NPOフォレストフリークでは、パワースポットとしても有名な箱根・九頭龍の森の整備ででる伐木、倒木を利用し、
オリジナル木馬を製作しています。この春には、箱根の森小学校に「きこりの木馬」4体を贈りました。
木馬

本年度、NPO法人フォレストフリークでは、箱根町の小学校・幼稚園・保育園など8施設に"森の妖精「きこりの木馬」を子供たちに贈りたい"事業を始めました。

クラウドファンディング「READYFOR?」は、Webで賛同者、協力者を得て、この事業の資金調達を図るシステムで、この事業のために、フォレストフリークはのこのシステムを活用し70万円の寄付を募ります。
寄付は、3,000円、10,000円、30,000円、50,000円、100,000円が選択できます。応募方法は"READYFOR?"の右側をクリックしてみてください。また、それぞれには「地方納税」のような「豪華なお返し」はできませんが、ささやかな御礼を考えています。

新しい試みですが、「きこりの木馬を子供たちに贈りたい」プロジェクトの拡散とご協力をいただければ幸いです。


October 21, 2015

2015年10月21日

30年後の未来は今日

昨日はオーストラリアから25年来の友人が小田原を訪れ旧交を温めることができました。

そして今日10月21日は、あのバック・トゥ・ザ・フーチャーⅡ(Back to the Future2)でマーティが訪れた30年後の未来、その日です。
BTTFSS.png
今日の午後4時29分(日本時間ですが・・)にマーティが現れるのです。
Hill Valleyでしょうか、それともあなたの隣にも、30年前のあなたが、いるかも?

このシリーズは面白かったですね。日本語タイトルでも'To'を「トゥ」と書いたのは、新しかったがその後が続きませんでしたね〜。未だに'sit'と’shit'は敢えて書けば「シット」のままです。「シ」と「シィ」、「ビ」と「ヴィ」・・・
おお!この映画をスポンサードしたTOYOTAは「ヴィッツ」と表記していますね。
まぁ、日本語の中の英語の語尾まで皆上がる世の中ですから、カタカナ表記など気にしないんでしょね。

今も時々思い出したようにDVDで観ています。
今年1月の記事


さて、動画は、マイケル・J・フォックスとクルストファー・ロイドが語る今。
Marty and Doc
パーキンソン病と戦うマーティとドックは今でも私の中のヒーローたちです。

昨日・今日・明日

2015年10月17日

空が広い


一昨日まではとても良い天気がつづきました。

無電柱化された国道1号線の広~い空に秋の雲が綺麗でした。
歩道用の街灯がわかりますか??

【華道】
さて、小田原は、華道が盛んで17もの流派があります。

幼い時から花は身近にあり、いまでも花器がたくさん残っています。そんなわけで今年も見にいきました。
みつけたハランのようなこの材料。


鉋で削った薄~い経木のようなもの。これまた鉋で削る寄木細工を葉脈に見立てたもの。



■いけばな諸流展 18日(日)まで(市民会館小ホール)

【茶道】
松永安左エ門など小田原三茶人、古くは秀吉が小田原攻めの際、一夜城の陣で千利休を招き茶会を開いたと。
小田原では今も茶道が盛んなんです。

一夜城まつり「天下人茶会」
お城が二つある小田原。最近では亡くなった川島なおみさんのご亭主であるパテシエ・鎧塚氏のヨロイヅカファームで賑わっているが、この地こそ、前述の一夜城の城址なのです。
11時と13時には「天下人茶会」があり、秀吉・利休気分で一席300円で楽しめるそうです。
10月18日(日) 10~15時石垣山一夜城(東海道線早川駅&小田急箱根板橋駅よりシャトルバスがあるそうな)

【尊徳祭】
郷土の偉人といえば全国区の二宮金次郎(尊徳)ですね。
■尊徳祭 18日(日) 生誕地にある尊徳記念館(小田急線栢山駅から徒歩15分)

【えっさホイ踊り】
エ~ッサ、エ~ッサ、エッサホイサッと始まる童謡「お猿のかごや」から名付けたエッサホイ祭り
よさこいの小田原版です。
■17(土)・18(日) 小田原城二の丸広場ほか

さぁ、雨もあがりました。この週末、あなたならどこに行きますか?

富士山 初冠雪

2015年10月13日

昨日に引き続きとても爽やかな一日でした。


水がやっと澄んだ酒匂川には、落ち鮎ねらいの太公望がたくさんいました。


11日に初冠雪となった富士山が綺麗でした。折角の写真がピンが甘かったのが残念。
かまぼこ型といわれる屋根は小田原アリーナだが、後方の明神ケ岳とよくマッチしていると思います。

そんな富士山を反対側からみようと出掛けてきました。
1013富士山富士山を一周してくる予定でしたが、河口湖で富士山をパチリ。
1013フジヤマもう一つのフジヤマを見て吉田うどんを。

いつものてんせいやの肉うどんはゆで卵を足しても450円です。

アンデパンダン展 きこりの木馬 その2


2015年10月3日

小田原市文化祭オープニングイベント
文化芸術展・アンデパンダン展

19日に制作したFreak'sの「きこりの木馬」を追加展示しました。
箱根のヒメシャラの倒木を使った木馬(イノシシですが)!「かわいい!」「こんなのあると子供が喜びそう」


座ってみてね」とコメントに加わっているので大好評。願わくば来場者にもっと子どもたちがいるともっといいのに。
しかし、ここもご多分に洩れず高齢化まっしぐら。なにかしないといけないのですがね。

木彫は時間がかかるので今回は金網アートを試してみました。
金網2
無審査公募のアンデパンダン展だからね。でも金網、とてもおもしろいので、また何か挑戦してみようと思っています。

さて、木彫工房の安藤さんのピエロ2も作家たちの間でも大好評。
ぴえろこの出品を薦めた甲斐がありましたが、そこは安藤さん。ちゃんと手を加えてきました。
ピエロ2

今回は陶芸も幾つか増えました。
陶1イングレース イングレース 陶彩 池田さんの作品

波多野波多野安希さんの作品。

さて、私好みの作品は、by SHIZUKAさん。タイトルの「天竺牡丹」とはダリアのことだそうです 天竺のは花びらがちがうのかと。天竺牡丹1
光琳の屏風絵をイメージしたそうです。
アイポイントは下から!と。
天竺牡丹2はい。ちゃんと撮ってありますよ。

明日10月4日(日)の10〜17時まで。小田原市民会館本館 2F展示室と3F小ホールです。

14時から大ホールでは、楽友協会の演奏会
奥村愛(バイオリン)と奥村景(チェロ)の姉弟デュオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。