スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一過 Lionrock

2016年8月30日


海の色と空の色

台風一過1
相変らずガラ携カメラが活躍中ですw iphone7狙いかw

真鶴半島、伊豆の天城山、大室山がわかりますかね?


 
スポンサーサイト

今日の富士山 笠雲

2016年8月29日


台風ライオンロックは、明日未明に関東直撃か?と言われていますが、今日は1日よく晴れて暑かったですね。
笠雲1
綺麗ですね〜。
笠雲2
明日が、怖いですが・・・

台風は逸れてもらいたいものです。


修正 「傘」→「笠」



アーツ千代田3331 その2

2016年8月27日


lomography+
ロモグラフィープラス

3331.jpg3331外
アーツ千代田3331その2です。ここには、イベントスペース、展示スペースのほか、ワークショップができる部屋や、ロボットについて学べるブースもあります。

lomo1.jpg
1)こんなのを見つけました。


lomo2.jpg
2)次は、こんな風に見えます。


lomo3.jpg
3)さて、なんでしょう?

lomo4.jpg
4)エレベータホールの壁は、写真が壁紙になっています。
これらの写真は、lomographyといって、オーストリアに本拠のある35mmのフイルムカメラで、日本で唯一の直営店だそうです。
写りとしては、チェキやポラロイドカメラに似ていますかね。詳しくは、下記⚫️印の3331HPにある記事をお読みください。

3331テラ
怖さの全くない楽しいガラクタ恐竜。

lomo.jpg

⚫️lomographyは1階102にあります

Good Smile Company フィギュア

2016年8月25日

Good Smile Company 15th Anniversary Exhibition
アーツ千代田3331

3月に京都で京都芸術センターに行きました。東京ではここアーツ千代田3331が同じように廃校を利用して活動しているので寄ってみました。

3331.jpg
入り口です。

Good Smile Company・・・??
知りませんでしたが、入場無料ということで入ってみました。
いろいろなフィギュアがあることは知ってはいますが、実物をまじまじと見るのは初めてです。
キャラ3
これらは、この会社で作られたものを年代別に展示してありました。

これは、元F1レーサーの小林可夢偉のフィギュアですね。とてもよくできています。
キャラ可夢偉
痛車といって、車のボディにイラストを大きく書いたのがありますね。レースの世界にも初音ミクのスポンサードを受けたBMWが走っていたので名前だけは知っています。そのBMW Z4のミニチュアも展示されていました。これって1万円近くするんですね〜。

あ〜調べてみて驚きました、まさにこの会社がバックアップするレーシングチームだったのですね。
今年からは、Mercedes-AMG GT3で参戦中ですね。


キャラ1
キャラ2
どうですか?実によくできていますね。世界レベルでコレクターがいるんでしょうね!

多分、この世界では有名な会社なのでしょうが、ここアーツ千代田3331で展示会を開いているのも時代に乗った会社の面白さの一つでしょう。

アーツ千代田3331の続きは後日

平塚市美術館 その2

2016年8月23日


祝 2万人達成
トリック トリック ハッと トリック

平塚市が全力で開催した不思議アートの美術展が、8月16日についに来場者2万人を達成したそうです。
おめでとうございます。
⚫️前回7月23日の記事「平塚市美術館その1」
会期は、今週末の8月28日までです。まだ行っていない方はお早めに!

さて、今回は、先月この展覧会に行った時のネタを貯めておきました・・・というか、随分サボっていて今になってしまったというのが一番現実的な状況なのですがね。

そんなわけで、すでに終了している展覧会もあるとおもいますが、少しご紹介しましょう。
平美内部
いいですね。この2階の雰囲気は好きです。バブル期を象徴する贅沢な大理石です。さすがの新東京国際美術館も時代的にかなわないというところでしょうか。

平塚美術協会の展覧会が開かれていました。
平美ギャラリー
1階のギャラリーも明るく展示パネルも照明も150号レベルの大きな絵も映えますね。羨ましい。
平美展2平美展
彫刻もこれだけ大きな作品が展示できるといいですね〜。右は大賞を受賞した作品。

平美WS
松本かなこ氏(ストリートペインター)の公開制作も完成して会期末まで展示されているはずです。


お勧めは、美術館にあるレストラン ラ・パレットです。
平美レストラン平美コーヒー
正面左手にあり、来場時に「おおお、帰りにお茶でも」と思わせ、出口手前に入り口があり「おお、そうだった、余韻を楽しんでお茶でも」と思わせる抜群のロケーションにあります。
季節のパスタランチ1,550円をいただきました。
シャーベットもおいしゅうございました。

さて、残念ながら写真はNGでしたので、ここでは紹介できませんが、同時開催の作品展がこちら。
⚫️アーチストin湘南2 田澤茂と石井礼子
特に、田澤氏の絵は見ていてわくわくする色使いです。
会期は、9月4日(日)までですので、ぜひ一緒にご覧になるようお勧めします。



⚫️平塚市美術館のHPはこちらから

日本橋

2016年8月23日


地下都市・日本橋


室町1
いいですね〜。休日の日本橋室町南。車がほとんど走っていません。人もいませんが・・・
室町2
野村ビルですね。
室町3
三井本店。右上にちょこっと見えるのがタワーですね。
新宿の高層ビル群とはちと趣が違います。

涼しげに見えますが猛暑でした。人は地下に潜っていました。

お盆 灯篭とぶどう

2016年8月15日

世の中お盆ですね。
お盆休みも今日までなんでしょうか?
ちなみに小田原の街中だけは7月がお盆なのです。

⚫️盆灯篭
近くなのに無沙汰ばかりですが、お盆ですからお墓参りにいってきました。
お盆2
盆灯篭です。

昔はこんな木製の灯篭が並んで立っていたものですが、いまは数える程です。
お盆1


⚫️ぶどう
小田原の果物といえば最近はレモンのようですが、昔からあるのは梨(足柄なし)といちごでしょうかね。
今日の一押しは箱根山の麓でできるぶどう「みのり」です。
ぶどう

産地では味見をしながらお土産価格でも美味しい果物を買うことはできますよね。
スーパーでは、たくさんのぶどうが売られていますが、値段と味が一致しないことも。
そんなことから、生産者から直接購入できるネットショッピングが最近流行っているのも分かります。
これも、実際食べてみての話でしょう。

先日寄ったかくれんぼで地元産のぶどうを味見できました。
箱根山の麓、三竹で育った「藤稔」。とても美味しいぶどうでした。

1房500 円でかくれんぼで買えます。
ご希望の方は是非ご予約を。
贈答用に1箱4房で2,200円もあるそうです。ともに税込で、8月末まではあるそうです。

⚫️かくれんぼのブログ


佐津間純 Jazz Guitarist

2016年8月11日

Jazz Live @ odawara Spats
売り出し中の若手正統派ジャズギタリスト

小田原で2ヶ月に1回のペースでライブをやっているとのことで誘われて行ってきました。
スパッツは何度か行っていますが、LIVE目当ては今回が初めて。
spats4.jpg

ファーストアルバム「JUMP FOR JOY」に加わった小林航太朗(b)、富岡慶太(ds)との佐津間純TRIOの出演でした。

いいですね〜ライブ!チャージ1,000円は大バーゲンですよ。
鎌倉、藤沢、逗子出身の湘南JAZZサウンド?息のあった演奏は実に楽しかったです。
spats5.jpg
お土産に買ったCDには、彼の愛機Gibson super 400と題した曲も。
ドライブが楽しくなりそうです。

神奈川、東京を中心にライブ演奏会が沢山あります。
是非一度足を運んでみては。
ちなみに、次回の小田原は9月30日(金) 小田原スパッツ19:30-

⚫️佐津間純HPはこちら

向日葵

2016年8月9日

見事に太陽に背を向けて咲くひまわり
20160806ひまわり

品種改良か?

映画、映画、映画

2016年8月5日

every day、レオニー、小田原映画祭

【every day】
「親孝行、したい時には親はなし」大切な人とわかっていても毎日の生活の中でどれだけその気持ちを行動に変えているでしょう。それができなかった後悔の念は失って初めて、分かっていたから改めて考えさせられます。
映画「Field of Dreams」で、Moon Light Graham(バート・ランカスター)が「今がとっても素晴らしい時であることが分からず、こんな日は、一日置きに来るくらいに思っていたら、その日一日だけだった」"It was the ONLY DAY."というセリフがありました。
この映画“every day”は、大切な毎日を、生きている幸せを分かち合って生きようとのメッセージなんでしょうね。
知人の原作者は縁あって小田原で働いているんですね。今度会ったら原作者の意図を聞いてみたいものですね。

every day
新宿南口のK's Cinema、7月23日から2週間連続、短編ショートフィルムかと思う方もいると思いますが95分のフルムービーです。定員100名弱で、夜の9時からのレイトショウのみということから、果たしてチケットが買えるかちと不安でしたが夜な夜な出かけてきました。新宿での上映は毎日いっぱいのお客様で8月5日で終了したということですが、今後大阪での公開が予定さえているようです。
⚫️every day公式サイト


【レオニー】
真鶴で映画をみよう〜と題し、真鶴町民センターで上映されるこの映画は、今年初めて「山の日」として祝日となる8月11日(木・祝)の一日限り。
この映画は、2010年11月に松井久子監督により公開されたもので、かの天才彫刻家イサム・ノグチを育てた母レオニー・ギルモアの波乱に満ちた生涯を描いています。中村獅童、原田美枝子、竹下景子らだ出演者として名を連ねています。
レオニー

彫刻家 イサム・ノグチとは、アメリカ生まれの世界的彫刻家、インテリアデザイナー、造園家
⚫️詳しくは、イサム・ノグチ(ウィキペディア)で、

8月11日(木・山の日) 
第1部   9:30−11:45 第1回上映会(監督お話しつき)
     11:45−12:15 松井久子監督のトークショウ 前売り:大人1300円 中高生1000円
                               当日券:大人1500円 中高生1200円 
     12:15−13:00 監督を囲んでの懇親会(軽食付き)前売り:2300円
                (和っしょいさんのサンドイッチとそうけい珈琲さんのコーヒー)    
第2部  13:30−15:45 第2回上映会 前売り:大人1000円 中高生700円
                        当日券:大人1200円 中高生900円
     15:45−16:15 シェア会
場所: 真鶴町町民センター3階講義室 
*この映画は英語上映(日本語字幕)です。

⚫️上映会のfacebookはこちら

【小田原映画祭シネトピア2016】
おだわらではつい先日、10年目を迎える今年の映画祭の全容が発表されたところです。今年亡くなられた阿藤快さんの出演された映画を始めたくさんの映画が、小田原城銅門特設会場、小田原コロナシネマワールドなどで上映されます。ショートフィルムコンテストや女優の名取裕子さんのトークショウも企画されているとか。

残念なのは、この記事で紹介した「every day]のような、小田原に関わりのある映画がありながら今年の映画祭のラインナップにないことですね。この辺は、タイミングもあるのでしょうが、昨年からすでに上映情報もあったようなので、組み込んで欲しかったですね。

なにはともあれ、一人でも多くの人に映画の魅力を楽しんでもらおうと続けられている映画祭。詳しくは下記のHPをご覧いただき、是非足を運んで欲しい。
⚫️小田原映画祭公式サイト

映画は、テレビやレンタルDVDとが、衛星放送、YOUTUBEなどでいろいろ楽しめますが、このイベント期間だけではなく、普段の生活の中で映画館に足を運んで楽しんで欲しいですね。

祭りのあと

2016年8月3日

灯想夜が開催されたおだわらちょうちん夏まつりも終わりました。

6月から小田原城馬屋曲輪、市民会館、そして再び小田原城銅門広場に登場した白い馬。
CA397028001.jpg
CA397030.jpg
まつりの後はドナドナとなりました。
CA397031-1.jpg


またの出番をしばし待つことにします。

ちょうちん夏まつり

2016年7月31日

久々のちょうちん夏まつり
明かり1
お堀のちょうちん
明かり2−1
走る神輿
明かり2
馬出し門土橋から学橋をのぞむ
勝灯波多野灯す

CA397024001.jpg
明かり3
メイン会場の二の丸広場 お祭りといえば屋台!たくさん出ていますよ。
明かり5
学橋は、神輿でいっぱいです。
黒うどん1
黒うどん 冷やし山かけ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。