スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーライ・ウォラック

2014年6月27日

Eli Wallach
イーライ・ウォラック


この俳優をご存じか?
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、そしてイーライ・ウォラック。
マカロニウエスタンの名優である。この3人が主演(私の中では)した“the Good,the Bad, and the Ugly"(邦題「続・夕陽のガンマン」)
彼が演じたトゥコは実は“the Ugly”じゃなく、バカ正直でいちばん人間らしいんじゃないかと!

「荒野の七人」にもでてたし、ゴッドファーザーⅢにでていた白髪になっていた晩年の姿も懐かしい。
イーライGF

今日の朝刊でリーライが亡くなったと報じられていた。
98歳、大好きな俳優だったので残念だ。
                   合掌

“When you have to shoot...shoot! Don't talk!”
「やる時ゃ、がたがたいってねぇで撃つんだ!」
要は、チャンスは二度とない!ってね。
大好きな彼のセリフである。
名場面はこちら
そして、この銃声を聞いた時に
“Every gun makes its own tune"(全ての銃はそれぞれの音を持っているものだ)とイーストウッドに言わせる。

(写真は、コルト、レミントン、スミス&ウエッソン・・・それぞれのパーツを使ってトゥコ独特のガンを組み上げたシーン。)

邦題「続夕陽のガンマン」は、何回観ても飽きないとても面白い映画で、いまでもVHSをDVD替えて楽しんでいる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。