スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤビツ峠 ズンドバー

2014年

ヤビツ峠 台風一過
スーパー台風19号は幸い逸れて、2週連続の雨の休日は免れた。

久々の青空である。富士山を望む大井松田IC手前の跨線橋は28℃。

こんな日は高いところに上がって景色を楽しむのが一興。

ということで、蓑毛からヤビツに上がることにした。

峠手前の展望広場(菜の花台)は平日の割にカメラを持った人が何人かきていた。

この展望台に上がると東は江ノ島、三浦半島、東京湾の向こうに房総半島が見える。
台風の後なので低地に淀む排気ガスの薄茶色の帯も見えない。
そして南には高麗山から始まる大磯丘陵が広がりその先の相模湾には伊豆大島が横たわる。
眼下には太陽光に輝く秦野盆地広がる。



さて、写真は大磯丘陵の西端の曽我山の向こうに小田原の街、真鶴半島と伊豆半島の山波と大室山まで望める。
更に西に目を転じると富士山が見えるのだが、この時は既に山頂は雲に覆われていた。

ベンチでお湯を沸かしコーヒーをドリップしてしばし景色とともに楽しんだ。

さて、ヤビツ峠を過ぎると陽の当たらない暗いスギ・ヒノキ林を抜ける林道が宮が瀬まで続くのだが、神奈川県の環境税の効用か間伐が進んでいて森に光が差し込んできていた。
途中の中津川は台風のためかこの時期には珍しいほど大量の水、それも案外きれいなみずが流れていた。

ここまでくればお約束の宮が瀬、鳥居原駐車場へ。この時期23℃は暖かだろう。

帰り道、七沢温泉で久々のZUND-BAR(ズンドバー)に寄った。
つけ麺で有名な店だが、今日は醤油ラーメン(スープは淡麗)にした。
魚介スープに少し固茹での細麺が合う。これなら1玉半位がちょうどいいかも。
平日の午後3時はさすがに空いていて待ち時間なし。

次は久々につけ麺かな?

楽しい1日でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。