スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォッサマグナと深海水族館

2014年11月26日

沼津港深海水族館
シーラカンス ミュージアム


いつもの長い前置きはフォッサマグナ
長野県白馬村はその昔、スキーを始めた頃、栂池、岩岳、八方尾根によく行ったものだ。
過日の長野県北部の神城断層を震源とする震度6弱の地震で、倒壊家屋はあるものの死者ゼロはうれしい限りである。
さて、歪みがたまっていた活断層北端と聞いて、フォッサマグナ(=糸魚川静岡構造線)のことかと思っていたら、実は日本列島が裂けたときにできた低地(アフリカの大地溝帯のような)のことで、西は北・南アルプスから、東は千葉から柏崎を結ぶエリアで、一度は海に沈んだ後に堆積して陸となった。
z.png (糸魚川市フォッサマグナミュージアムHPより引用)
そしてその南端は、伊豆半島が乗ったフィリピンプレートが潜り込んだところで、北は焼山から、妙高・黒姫山、八ヶ岳、富士山、箱根山、天城山と火山が一列に並んでいるから今の陸地は火山噴火の堆積なのであろうか

糸魚川市には、フォッサマグナミュージアムがあるとは、知らなかった。山梨県の早川町には、活断層が観れる場所があるのは知っていますが、他の市町村にもあるんですかね??

■ 糸魚川市フォッサマグナミュージアム

ちなみに相模湾には相模トラフ、小田原の国府津から御殿場線に沿って伊豆半島(フィリピン海プレート)が本州にぶつかる神縄断層があり、伊豆半島の西の駿河湾には駿河トラフがある。

すんません。だいたい合っていると思いますが・・・。


さて、その駿河湾はフォッサマグナの南に位置し、海岸からわずか2km地点で水深500m、最深2500mは日本一の深海なのだそうである。

沼津港深海水族館では、ここで揚がる魚をはじめ様々な深海魚をみることができる

今、CMで人気のUFOみたいな耳付きタコは、撮影禁止でした。まぁあのままでしたが。



深海魚を捕らえるとは何十気圧の深水部と1気圧の水上との気圧の差が生存の可否の要素かと思いきや実は水温の差も問題で揚げると直ぐ冷たい海水に入れ、短時間で水族館に移送できる沼津はロケーション的にもメリットが大きいそうだ。




この水族館にある5体のシーラカンスのうち、2体は世界でここだけの生体冷凍保存されたもの。アフリカで冷水に移していたら生きていたかも?

1600円の入場料が高いか安いかは、これ
また有名な沼津港魚市場の海鮮食堂街のランチと比べれば分かるはず。


■ 沼津港深海水族館はこちら
スポンサーサイト
コメント

行きたいとは思っているのですが・・・

深海水族館!私も行きたいとは思っているのですが、なかなかキッカケが無くて・・・。

耳付きタコ?知りませんでした。
ますます行きたくなってきた!

メンダコ

tomjさん

耳付きタコとは、勝手な名前で、「メンダコ」のことです。
海鮮店街の中にありますので、ランチがてら出掛けてみてはいかがですかな。

途中の撮影スポットは・・・やはり富士山でしょうか?
柿田川湧水も途中にありますね。

是非!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。