スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朴葵姫ギターリサイタル

2015年2月7日


スペインの旅
Spanish Journey

KYUHEE PARK パク・キュヒ



CDを買ってパクさんのサインをもらった。
何枚か売られていたが、アンコールで弾いたアルハンブラの思い出の入った「スペインの旅」にした。

今日は、小田原楽友協会 第63回演奏会に小田原市民会館にでかけた。
19年目を迎える楽友協会の演奏会でのギターコンサートは村治佳織さん以来だ。
朴葵姫(パク・キュヒ)さんは、今大注目の実力派ギタリストで、NHK「クラシック倶楽部」(BSプレミアム)及びFMでリサイタルが放送された。とりわけ美しいトレモロのテクニックはヨーロッパ、日本、韓国での演奏活動で絶賛されている。
「スエーニョ〜夢」「Sonata Noir」「スペインの旅」「最後のトレモロ」そして最新の「サウダーヂ ブラジルギター作品集」など、リリースしたCDはいずれもクラシックギター界異例のヒットし、レコード芸術特選盤となっているそうだ。(楽友協会 63回演奏会プログラムより抜粋)

2月11日の岐阜県立サラマンカホールでのチケットは既に完売となっているそうだ。

ポスターやCDジャケットの写真の表情がそれぞれ違うのでその実際をなかなかを想像しがたいのだが、会ったご本人は、とっても可愛い方でした。
park.png
ギター経験者に言わせると、「小さな手であの素晴らしい演奏が出来るとは驚異的だ!」とのこと。
今日は1000人規模のホールで珍しくPA無しの演奏だったそうだ。

気になる人は、パク・キュヒさんのFBをチェック!
■ パク・キュヒさんのFB

コンサートが終って駅に向かうお堀端通りの空が楽しかった。風船

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。