スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅まつり 第60回菓子展示会

2015年2月20日

菓子展

小田原は古くから茶の湯が盛んで、三井財閥を支えた実業家・益田鈍翁(孝)、電力王と呼ばれた松永耳庵(安左エ門)、日経新聞の前身である中外商業新報社や三越の社長を務めた野崎幻庵(廣太)は近代小田原三茶人として有名である。

そんなことからか、小田原には和菓子屋が多く老舗製餡所も二つある。20日は綾部製餡のおしるこがあったのでいただいた。21日は鈴木製餡所だそうだが味比べも楽しそう。

さて、1階ロビーでは、できたてのきんつば、さくら餅、鯛焼きなどが。

2階は子どもたちが楽しめるお菓子コーナー。3階では洋菓子店も含め各店の品々が勢揃い。

菓子展は22日・日曜まで市民会館で。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。