スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条早雲と閑院宮

2015年3月3日

先人たちの底力  知恵泉 NHK教育
北条早雲!

信長や秀吉の大先輩!
戦国大名を始めた男・なぜ戦国大名に?
その道を選ばせたつらい経験とは?

さて、戦国の世でなかなか話題に挙がらない北条早雲。1590年の秀吉による小田原攻めは戦国時代の終焉であり、秀吉、家康による天下統一へと繋がっていく。
伊勢新九郎として駿河から、伊豆をとり、大森氏の小田原に夜襲をかけて攻めいった。
四公六民で領民を大切にしたた早雲。
その後、小田原を拠点に五代約百年に渡り関東を治める戦国大名となった北条氏。

TV予告のいう早雲に関する「新たな発見」とは、はて?

3月3日(火)23時より NHK教育 ご覧あれ!


み損なった人にも2つのチャンス!
1)3月10日(火) 23時より NHK教育 強敵がひしめく中、新しく作った組織をどのように成長させたのか??
2)戦国時代の遺跡説明会
■御用米曲輪 遺跡説明会
3月7日(土)9:30-15:00
CA394191.jpg
説明会は、10時、11時、13時、14時の4回
従前、北条氏の時代の城(館)は八幡山とされていたところ、江戸期の御用米曲輪(旧小田原球場)から戦国時代の池や庭園が発見された貴重な遺跡。今回が最後となる説明会。
興味のある方は是非!
江戸期の御用米曲輪に戦国北条の遺跡=過去の記事


■「皇族と小田原 閑院宮家の載仁親王」
7日ついでにもう一つ!
小田原城に御用邸があったことは既にご承知と思うが、宮家に関わる資料が地方の図書館にたくさん保管されている例はとても珍しいそうで、その所蔵資料ととともに小田原と宮家の関係をひもとくとのこと。
講師は、昨年公表された「昭和天皇実録」の編纂に関わった宮内庁書陵部編修調査官の梶田明宏氏。

講演会は、
3月7日(土)の14:00-16:00
小田原市役所隣りの生涯学習センターけやき(定員300名)で開催される。
もちろん、私は申し込んだ訳だが、既に満員に近いそうで嬉しい悲鳴を上げているらしい!!
当然駐車場はないので公共交通機関を使わないと、時間に間に合わないですぞ。
ご希望の方は、待ったなしですぞ。



興味のある人は、来るも来ないも是非小田原市のこのページを読んでみて下さい。
事前知識としても超、お勧めです!!

詳しくは、小田原市立図書館 ℡0465-24-1055へ

ちなみに、西海子(さいかち)の小田原文学館では3月18日まで、閑院宮と昭和天皇の特別展が開催中ですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。