スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春めき桜

2015年3月23日


開花宣言

東京の靖国神社のソメイヨシノの標準木に5輪以上の花が咲き開花宣言となった今日、思い出したようにでかけたのが南足柄の春めき桜。

18日に満開と聞いたがまだ残っていると期待していったが、自然の摂理は違わなかった。
実はこの“春めき桜”は、早咲きの河津桜と染井吉野のちょうど真ん中で満開となる桜として知られここ南足柄市でたくさん植えられている。


ここはかのスーパードライを生産するアサヒビール神奈川工場へのアプローチ道路の南側にある。いまだに工場見学に行ってないが…


南足柄市怒田 一ノ堰ハラネ。
改めてみると「ぬた」とあるが「ぬだ」とずっと呼んでたなぁ。

して、もう一つ気がついたのが「一ノ堰」。
すぐ北には、あばれ川と呼ばれ洪水を繰り返した酒匂川の治水のためにつくられた岩流瀬(がらせ)堤と大口堤がある。
一ノ堰ということは、位置的にも酒匂川から足柄平野への第一番目の農業用水路では!

今日は散ってしまったとはいえ、この怒田丘陵の裾の120本の春めき桜の名残とその下を流れる一ノ堰を知っただけで満開の桜をみた気分だ。

最後の1枚は、すぐそばの染井吉野に一輪だけ見つけた桜花。


この後、大口堤の桜を観にいったが2輪だけしか咲いていなかった。
見頃は次の週末でしょう。


■去年の記事
春めき 2014
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。