スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御感の藤とつつじ

2015年4月29日


桜から藤へ

小田原城の南の玄関は東海道小田原宿の筋違い橋町につながる箱根口門(三の丸小学校西側)。


ここから二の丸に続く銅門までの二の丸堀にかかるのが御茶壺橋。
右手には観光バス駐車場、左手にあるのが御感の藤である。


近年樹勢が弱まり樹木医の助けを得て少し復活してきたようだ。

桜が青葉に変わり、藤が花房を伸ばし、石垣沿いのツツジが花を付けるの小田原はいよいよ祭りの季節を迎える。

北條五代まつりは5月3日
初代早雲から五代氏直、八王子の氏照、寄居の氏邦など、以前は総勢700名の武者行列!とかいっていたが…



さて今年は?

武者行列は午後1時に銅門から出陣。

雰囲気を楽しむなら大混雑のお堀端通りだが、混雑を避けるなら、海側の代官町とおりや、国際通り、銀座通りがお勧め

あとは天気しだいですね。


▪️ 北條五代まつりはこちら
北條五代まつり 小田原市観光協会HP
スポンサーサイト
コメント

No title

3日はお天気も良さそうなので、行こうか?と思っています。
そう、お堀端は混みますか!
写真を撮るならお城や石垣を背景にしたいですしね。
かなり早い時間から場所取りするんでしょうね!

No title

tomjさん、こんばんは。

定番といえば、銅門から出てくるところですが、脚立がないと厳しいでしょう。その次は隅櫓を背景に馬出し門土橋を渡るところでしょうが、これも大混雑が予想されますが、お堀側に陣取れば自分より前に立つ人はいませんねw

背景は別として馬上の武将や武者を撮るなら錦通りから、銀座通り、国際通りへのコース逆走ですね。ただし、錦通りは馬に蹴られそうになる程近い!

木彫展をやったなりわい交流館近辺も穴場ですよ。

観光協会のHPをご参照あれ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。