スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木彫展 その3 作品タイトル

2015年5月30日

抽象はおもしろい

イメージを形にする
そこに作者の意図がどう現れるのか?
これは具象にもいえることだとは思うが、抽象は奥が深いとは言わないが無限大
言い換えれば、意味不明ともとれる

だからおもしろいと思う
作者によっては、変にイメージを植えつけたくない、先入観をもって見て欲しくないということから
作品名をあえてつけない!という人もいる。

さて、長年、抽象を彫り続けている大磯のSさんの作品。
さ1さ2


タイトルはあるがここでは記さないことにする。
単体でもおもしろいが、ペアだろうな!
おっと、皆さん、先入観を持たずにご自由にご覧ください。

さ3工房の木彫展は「触れる木彫展」として、来場者に木のぬくもり、手触りも楽しんでもらえるようにと案内するときに手に持ってみてもらう、触ってみてもらうことを基本とし、素材は樟が多いが材質も記している。
今年の市美展から、彫塑部門も材料というか、材質がやっと表示されるようになった。
これも、作品名と同じでどこまで表記すべきかはわからないが、私的には大歓迎である。

なんつっ亭<なんつっ亭>さて、作品名といえば、ラーメンのメニューにある名もまた同じなのか。
時々食べたくなるのが秦野のなんつっ亭である。
「ラーメン」を注文し、卵や海苔をトッピングも可能。ねぎラーメン、チャーシュー麺は、名前だけでコンセプトがわかる。
一方で、「俺の空」「なんつっ亭スペシャル」となると名前だけでは想像できないから、とりあえずメニューには写真がある。
名前と味は、食べる人のイメージ次第で、楽しめるのだろう。
これは、「なんつっ亭スペシャル」1,050円である。
おためしあれ!



中根希子中根希子 ピアノリサイタル
期日 6月7日(日) 14:00 開演 
会場 小田原市民会館大ホール
🔶小田原楽友協会HP
中根希子 ピアノリサイタルはこちら


🔶小田原木彫工房
小田原木彫工房 木彫教室 生徒募集中
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。