スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界剪画 Sab

2015年6月23日


剪画とは…

切り絵なんですけど、剪画協会によれば、黒和紙をナイフで切り抜き完成させる絵画。白い台紙に貼りモノトーンで完成させるものと、彩色をする作品がある。
「剪画」は芸術作品として区別するための造語ということだ。

ではSabさんこと杵淵三朗さんのいう「境界剪画」とは何を意味しているのか?
氏によって独自に進化を遂げ光によって表情を変える独特の切り絵をさすものだそうだ。

イメージする切り絵は人様々だと思いますので、まずは覗いてみてください。深いです!
詳しくはSabさんのHPへ




21日のキャンドルナイトにも参加されていたが見損なった方、実物を見てみたいという方は、宮小路のミントココアへ。

境界剪画 Sab 展示中
7月4日まで




ミントココアのキッシュのランチもオススメ


実はこのお店の上は小田原の鎮守松原神社の社の下にあるのだ。店の外観はこの絵の通り。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。