スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大賀ハス 小田原城南堀

2015年7月8日


見頃は7月中旬か
小田原市郷土文化館のバルコニー開放


前日までの雨があがり、まだときおりパラパラと雨粒が落ちてはいるが、雨の雫が蓮の葉に残っているか?いないか?
午前中に少し時間が取れたので小田原城の南堀の大賀ハスを見てみようと。
見頃は、これからとのことだが、郷土文化館のバルコニーが7月4日から開放されていることもあり、開花の様子とバルコニーからのアングルをみにいってみました。

ここ、南堀のハスは、昭和26年に千葉市の縄文時代の落合遺跡で発見されたたった3つのハスの実の唯一1つだけ開花した2000年前の古代ハスで、研究者の名をとって大賀ハスと呼ばれています。
小田原には、昭和54年(1979)に株分けされされたそうです。
郷土館小田原城箱根口・観光バス駐車場横の御茶壺橋からの図。左に御感の藤、南堀と郷土文化館(正面右側のバルコニーにあがれます)。
蕾蕾を見えうる限り数えてみてもまだまだ少ないなぁ。
deck.jpg郷土文化館のバルコニーからハスを見下ろす。正面が御感の藤、トラックの左が御茶壺橋、その左に観光バス駐車場(ここはバス専用ですがバイクは駐車できますヨ。自家用車は、藤棚の先にある駐車場を)
大賀上の写真の真ん中に見えるハスをアップで。

<郷土文化館のバルコニー開放>
蓮 pdf




ぺこちゃん1 イイネ! ペコちゃん展 
7月11日から9月13日まで 

平塚市美術館に拍手 是非観に行きます




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。