スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペコちゃん展

2015年7月13日

日本初のペコちゃん展
それも公立美術館・平塚市美術館で開催というから・・拍手です。

7月11日の初日に出かけてみました。

平塚市は今、市庁舎建設中、その北側の図書館、博物館、平塚警察署と総合公園のちょうど間にある。
無料駐車場もあって・・・羨ましいの一言です。
ということで、アプローチから紹介します。
p1.jpgp2.jpg 美術館に東側からイベント掲示板に始まり、エントランスへは、水辺のレストランを左に、緑の芝生と美術館を右手に見ながらアプローチ。
p3.jpgp4.jpg
一昔前に流行った水に映し出される美術館。経費節減でも水をちゃんと張っているところが偉いですね。
ペコちゃん号である。不二家はここ平塚と秦野に工場がある。神奈川といえば日産、平塚と秦野には日産車体があるが、残念ながらトヨタ車であったw
5.jpgp6.jpg
ペコちゃんが3体?w
ペコちゃんは1950年生まれの永遠の6歳。身長100cmで体重が15kg。ポコちゃんは、7歳で身長は100cmなんだそうです。

p7.jpg当時のペコちゃん。こんなにきっちりした顔していましたかね??
p8.jpgp9.jpg
懐かしいモールの手提げがついたミルキーの大箱。母親の実家に電車で泊まりに行くときに、駅の売店で買うのは、このミルキーの大箱か、電車セット(切符や切符切りのハサミが入った)でした〜。
また、「気鋭のアーティスト ペコちゃんに挑戦!」これは、内田望氏の「milky cow」

p10.jpgp11.jpg
小田原で製作された三沢厚彦氏の馬も展示されていた。同美術館では12日(日)まで平塚市展が開催されていたので覗いてきました。
綺麗な美術館での展示はいいですね。写真のギャラリートークは大勢の人で賑わっていましたが、残念ながら、木彫の出展はほとんどありませんでした。

⚫️ペコちゃん展は9月までやっているので是非!


会 期: 7月11日(土)〜9月13日(日) 9:30 - 17:00
休 館: 月曜日(但し、7月20日(祝月)は開館、翌20日(火)が休み
観覧料: 一般800円、高大生500円、小・中学生(無料)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。