スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松永安左エ門

2015年8月29日

NHK 鬼と呼ばれた男 松永安左エ門

プロフェッショナルにつづきNHKづいているようだが、放送90年のこの夏におくる1時間ドラマの紹介。

「経世済民の男」と題し時代をつくった明治・大正・昭和の経済人を取り上げている。
◎8月22・29日には、オダギリジョー主演で日本のケインズと呼ばれた「高橋是清」。
◎9月5・12日は、阪急電鉄、百貨店、宝塚歌劇団など興した小林一三。主演は阿部サダヲ。

◎そしてトリは9月19日に放送される松永安左エ門。主演は最近乗りに乗っている吉田鋼太郎である。脇を妻役の伊藤蘭、秘書の萩原聖人、政・財界人に國村隼、国広富之、伊東四朗や宝田明などなど。
◾️9月19日(土) 21:00-22:00 NHK総合

戦前、東邦電力(後の中部電力)を興し電力王と呼ばれたが、戦時中、国の管理下になった電力会社を、戦後の経済復興の礎となる電力安定供給には民営化を礎とした再編が必要と主張し74歳にして日本の未来のために再び立ち上がった男。
さて、ここまではNHK名古屋放送局がこの番組のためにつくったパンフレットを抜粋させてもらった。
NHKパンフ
テレビ番組のPRパンフってあまり見たことないですよね!誰をターゲットにどこに配布したんだろう??とちと不思議?

⚫️もっと知りたい人はNHK HPへ

たぶん、この番組で小田原は出てこないと思うが・・・
なぜ今、松永なのかはドラマシリーズを観ていたたきたいが、小田原には松永が晩年を過ごした老欅荘と茶人耳庵としてのたくさんのコレクションが収蔵されていた記念館があり没後小田原市に寄贈され現在、松永記念館として残っている。
欅 
「老欅荘」の元となった庭の欅の古木。手前の石は10トン以上とも言われる黒部ダムから運ばれたもの。
塀 門から玄関へと上がってくると庭につながる土塀が見える。
数奇屋 見上げると数奇屋造りの屋根は奴葺き。いいですね〜。


残念ながらそのコレクションの多くは東京国立博物館や福岡市美術館に引き取られてしまったが、居宅であった老欅荘と庭園と茶室をお楽しみいただき、耳庵として晩年を過ごした日々を紹介する催し物もありますので是非。


松永記念館 特別展
強い信念と情熱で電力再編成を成し遂げた゛電力王゛
生誕140年 松永安左エ門

会期: 9月1日(火)から27日(日)
9時から17時 会期中休館なし
入場料: 一般 500円 高校生以外 無料
●ギャラリートーク 9月5日(土)/27日(日)

●20日(日)庭園呈茶 烏薬亭もあります

詳しくは、松永記念館 小田原市板橋941-1 tel:0465-22-3635
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。