スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原梅まつり


2013年2月4日

梅花繚乱

2日(土)から始まった小田原の梅まつり。
例年、節分には咲き始める梅の花だが、最近はちょっと乱れ気味。昨年は2月半ばにやっと咲き始めたが、さて今年は?
ということで、3日(日)に、梅の里、曽我梅林にいってみた!

う~ん。案の定咲いていない。

これからは開花情報に注意しながら、様々なイベントの日程と合わせて訪れる時期を選ぶと良い。

開花情報(4会場)

まずは小田原市観光協会のHPを使って小田原の4つの梅林を紹介しよう。
※HPは水色を文字をクリックしてね。

まずは前述の
曽我梅林。 ここは、中河原梅林、原梅林、曽我別所梅林の3つの梅林に35000本の梅木がある。熱海や湯河原の梅園も綺麗だが、ここは生産梅林であることがその素晴らしいところだ。

小田原城址公園の梅もきれいだ。

足柄平野をまたいで西の丘陵には、③と④の2つの梅林がある。

辻村植物公園ここはわんぱくランドの南斜面にある梅林で静かでとても綺麗な梅林である。

フラワーガーデン 渓流の梅林ここは本数は少ないが150種類以上の梅の木があり、2月初旬から3月下旬まで楽しめる。あらら、いつの間にか200種類、480本に増えている!!

観光協会のページには、4つの梅林へのアクセス図もあるので、小田原の梅林の位置を頭に入れてからぐるっと、3つの梅林めぐりもおもしろい。

次は、小田原市のHP

特に、ここではH24年の開花状況と、H25年の開花状況を比較してみると面白い。

そして、最後に特ダネ情報満載の、曽我別所梅林 HPがおもしろい。
ここでは、「みどころ」のページを表示しているが、トップページからの情報も満載!

中河原も、原も合わせたHPがあるといいのにな!

<イベント&史跡など>
直近では、2月11日の流鏑馬がお勧め。
原会場からは、日本三大仇討ちの一つである曽我兄弟の仇討ちで有名な曽我十朗・五郎の菩提寺である「城前寺」が近いから、是非足を伸ばしてみてはいかがか。
この他にも、宗我神社、太宰治の「斜陽」の舞台となった雄山荘跡、尾崎一雄文学碑、二宮尊徳遺髪塚など・・・

<名産、お土産>
梅の花はもとより、塩だけを使った十朗梅の梅干し、梅ジュース、梅エキス(あるかな?)、曽我のみかんなどなど、地元の名産品をお土産にどうぞ!

あ〜曽我には、まだまだストーリーがいっぱいですぞ!!

<注意>
当然のことながら、交通アクセスにつきものの、公共交通機関利用のススメですが、御殿場線を利用して「下曽我駅」に来られる方。
ここはJR東海です。SUICAやPASMOは使えません!カードはあきらめて、出発駅から切符にして下さいね。
知らないで乗車してしまった人は、清算に時間がかかるかも。
平塚の七夕同様、帰りの切符を買っておくと時間の節約になるよ。




スポンサーサイト
コメント

No title

こんにちは。お久しぶりです。
梅、いいですね。
子供の頃は梅の良さがわかりませんでしたが、寒い花の少ない季節に、とても良い香りで咲く梅に感動したのは大学の頃でした。
この冬は是非、小田原の梅を見に行きたいと思いますヽ(^o^)丿

No title

momoさん

こんばんは。ご無沙汰です。
梅の花と香りはいいですよね。
桜とはまた違った良さがあります。

花が実になり、梅干しや梅酒になるところがいいです!

2月中旬からが見頃かと!

是非、お運びください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。