スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍野 渡辺うどん

2016年1月12日

純手打ち 渡辺うどん

富士五湖周辺でうどんといえば、吉田うどんなのですね。何回か「てんせいや」さんにいっています。まだ白須うどうはいっていませんが、忍野八海周辺にも美味しいうどん屋さんがあるのです。
まして忍野が地元の知り合いが「美味しい」というのであれば、是非食べてみたいでしょ。

世の中とは1日ずれた3連休の最終日。朝からとても寒い!といっても、多分平年並みなんでしょうが。
昨日まで洗車とメンテナンスで特にどこにも出かけなかったのですが、東京も初雪というので、今シーズン初のスタッドレス完熟走行も兼ねて急ぎ忍野に向かいました。なにせ、11時から14時までの3時間しか開いていないのです。

県境を越え、駿河小山に入ると路面も濡れていましたが雪は皆無、須走まできて路肩に雪が残っている程度でした。
目指すうどん屋さんは、忍野の町中でコミュニティセンター前の幹道から1本中に入ったところ。
行き過ぎるとすぐ正面に承天寺がありますから、ここを右折して最初の角をまた右折すれば100mもなく道沿いです。
ちなみに、このお寺の鐘楼の木彫はなかなか素晴らしいです。興味がある方はここもオススメですよ。
渡辺うどんうどん1
吉田うどん同様、民家の一部がお店になってて、20畳くらいの畳の一間が食堂です。
メニューは厨房の上の壁にあるのですが、肉うどんを狙ってきたので・・・
「肉うどんお願いします〜」というと、「チュウですか?チュウ?」と。
「はい?」と相棒の杉下刑事のように言いたいところですが、多分「中」だろうと!
「はい!」と答えたわけで。

ここも肉は馬肉ですよね。肉は馬肉を主張しています。スープにも肉の味が加わったからか少し尖った?ところが、美味しいです。テーブルになる天かすを入れるとスープがぐっとまろやかになりましたが、まずはそのままでいただいた方が楽しめるでしょうね。
「食べ切れました?温まりました?」と入ってきたときの私の状況を見透かされていたようなww
これで450円は安すぎです。とても美味しかったです。
次回は大を注文できそうですが、メニューをゆっくり見てからにします。

帰りは、山中湖畔を回ってきました。その昔、この辺りは常に凍っていてスケートができたんですよね。
湖1他の白鳥
他の白鳥や休んでいました。

この白鳥は遅めのランチのようでした。
湖2食事中


渡辺うどんのtabelogはこちら
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。