スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、なに?

2013年2月19日

知っていること、知らないことを比べたら、そりゃ知らないことのほうが比べようも無く多い決まってる。
さて、知っていてもなかなか見る機会に巡り会わないのがこれ。

尺八の楽譜?である。
私にはなにがなんだか分からないが、小田原で1月に始まった尺八のワークショップに参加した初心者が、わずか3回でどこまで吹けるものか?失礼だが興味津々である。

このワークショップは、尺八奏者の三橋貴風氏の指導のもと、塩ビ管でできた尺八で練習を重ねたとのこと。

また、平成元年、ときめき夢まつりで結成された北條太鼓。いまでは小田原を代表する和太鼓のひとつであるが、その創成期に指導をして頂いた和太鼓奏者・林英哲氏も1月から初心者を集め、和太鼓体験と演奏の練習含め5回のワークショップをしたそうな。

伝統文化を身近で触れて、その上一流プロの指導を仰げる!いろいろなものを、特に若いときに体験できることは素晴らしいことだと思う。

さて、このワークショップの参加者の発表会(第1部)と、指導された三橋氏の尺八、林氏の和太鼓、遠藤千晶氏の箏による和楽器とオーケストラの革新的なコラボレーションのコンサート(第2部)、
神奈川フィル×和楽器が、この2月23日(土)、小田原市民会館で開かれる!
和楽器チラシ完成版 表面 のコピー

すでに「満員御礼」とのこと。

ここで、知ってることが一つ増えた人。
こんなワークショップと演奏会が、小田原であること知らなかった人。
今回は残念だが、何かの機会に、和楽器や伝統芸能触れてみようとおもうきっかけになれば幸いである。

家には昔から尺八があったが・・・頭を振って吹いてみると、たまに音が鳴った(笑)


スポンサーサイト
コメント

感想

神奈フィルと和楽器のコンサートに行ってきました。

全部は見れなかったけど、ワークショップに参加した子どもたちの様子を見てみたくってね。

満員の観客席をまえにステージに上がるのって、子どもたちのとっては、それだけでもビビるだろうな〜。
それに加えて、演奏するんだから、緊張の極地か?

尺八も太鼓も、多勢の助演者がいて、どの子たちがワークショップ参加者か???

いくつかの曲や長い一曲を精一杯演奏していた。
カバーしてあげることも大切かもしれないが、私は、全部の音階の音が出なくても、少しくらい叩く太鼓の音がはずれても、ちょっとでいいから彼らだけにスポットを当ててあげて欲しかったな。

それだけ難しいことは皆しっているはずで、そのチャレンジの精神と全てではなくともできることを皆で褒めてあげることこそ、大切だなぁと私は思います。

いずれにしても、どんな形でも、このような機会があることはとても素晴らしいことだと思いました。

子どもたちには、いろいろな経験をして欲しいものです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。