スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原城馬出門土橋と住吉橋

2016年3月9日

消えた赤い太鼓橋

二の丸堀です。以前は、隅櫓から左に堀を渡る赤い太鼓橋(隅櫓橋)がありましたが、城址復原でなくなりました。右手には写っていませんが赤い「学び橋」があります。今、小田原城址には2つの赤い橋が残っていますよ。

やはり写真左手には写っていない馬出門土橋があります。これはもともとは土橋だったのですが、眼鏡橋としてトンネルを開けたときに石垣になったそうです。
ここを渡り馬出し門を抜けると大腰掛けなどがあった馬屋曲輪に入ります。
掘

馬屋曲輪から枡形門である銅門に入るのがこの住吉橋で平成元年に復原されています。北條五代まつり(5月3日)で出陣する武者が初めて観客の前に姿を表すポイントとなっています。
住吉橋
この銅門の復原工事では、現在の堀に底に眠っている戦国時代の障子堀が見つかっています。
裏
さて、銅門を抜け馬上弓くらべ(前回の記事)が行われた二の丸広場に向かいます。現状では会場を裏からアプローチするようですが、実はこのルートが本丸に上がるのが正規登城ルートなのです。

会場
そして、同じ二の丸広場では、出張カミイチ(普段は上府中公園で第4土曜日に開催)が開かれていました。
学び橋
ほとんどに皆さんは、二の丸堀に架かる学び橋を渡ってこの会場に来るわけです。お堀に赤い橋として象徴的で便利な学び橋ですが、今はなき城内小学校がここにあった名残で関東大震災の後に通学用に掛けられたものです。

さて、3月末から4月は桜祭りががありますよ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。