スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街に溶け込んだダビデ像

2016年5月18日

ダビデってDAVIDと書くのだそうで・・・

恵比寿駅から山種美術館への坂道を上っていくとアパレルメーカー・パパスの本社ビルにはダビデ像が立っています。
CA396778001-1.jpg

papas.jpg
いいですね〜。実に自然に街に溶け込んでいます。まるで浅草の雷門の仁王像のようです。

過去に鳥取のあるまちにビーナス像とダビデ像が寄付され、公園に設置されたあと、「ダビデ像にパンツを履かせて」との投書があったとかで議論の的となったそうです。町長は芸術作品であることからこれを一蹴したとのこと、これには拍手を送ります。

まぁ、裸をアートとみるか、エロスと捉えるかはそれぞれの思考?嗜好でしょうか?
ただダビデのパンツを論じるくらいなら、コンビニのジンジャエール・・・・(いや、根に持っているわけではありませんよw)コンビニに当たり前に、ほんの10cmほどの枠で区切られただけで並べられている本の表紙にパンツでも履かせろとの論議があってもいいのではないでしょうか。
しかし、それもアートだという人もいるでしょうからw

papa'sの意図も聞いてみたいものですね。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。