スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

artnow 2016 共同制作中

2016年5月23日


文化芸術による新しい、小田原らしい観光文化事業
artnow 2016 展示作品 共同制作始まる

6月4日から始まるartnow2016。今年は、UMECO、街なか、馬屋曲輪、清閑亭と会場を4箇所に拡大して開催されます。
今回、はじめての試みとして行う6月9日(木)から26日(日)の間、馬屋曲輪で行う展示については、それぞれの作家さんの作品とテーマを共有してのコラボレーションということで始まりましたが、相談していく間に皆で共同制作をしてはということになりました。
参加者は、木彫が2人、日本画家が2人と洋画家の計5人。さてどんなものが出来上がるか楽しみです。

展示場所である馬屋曲輪は、正規登城ルートにある、お堀から、馬出門土橋をわたり、馬出門から舛方の銅門に入るまでのエリア(旧水の公園)で、家来の者が主人を待つ大腰掛けや馬屋があったところです。
なにせ小田原城は文化財に指定されているため、設置の場所や作品の形状、大きさ、色のほか固定方法などいろいろクリアーすることがありますので、現地でのロケハン、作品の相談、設計を経て、いよいよ制作に入りました。

これから設置まで、もったいぶって少しずつ紹介していきますね。ただし、全容は是非小田原城に足を運んでくださいw。

まずは、合板に下絵を書き込みます。
AN1.jpgAN2.jpg

下絵を描く者、外で製図しカットする者、みな手分けして作業は順調に進みました。
AN3.jpgAN4.jpg
常に一人で行うことが多い作品制作ですが、こうして大勢で一つの作品を作るのもとても楽しいものです。

artnow 2016の詳細は、小田原文化芸術協会 HPをごらんください。
EventやInfoをクリックしてみてね
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。