スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木彫展 制作中 その1

2013年3月16日


今年の木彫展まで、1ヵ月を切った。


土曜日は、木彫の日だが、昼前に知り合いが市民会館で書道展(千草会)をやっているというのでちょっとだけ覗いてみた。

雅号をみて驚いた。「白」や「耀」。昔大変お世話になった方のご主人(日吉白耀)の主宰していた会のお弟子さんたちの書道展だった。
今日は時間がなかったが、明日また、メンデルスゾーン「讃歌」のコンサートに来るので早めに出かけてじっくり見させてもらおう。



ひと仕事終えて、木彫展の案内ハガキの打ち合わせに工房の午後の部に顔出し。

今回は、木彫用の万力を紹介しよう。
工場などにある万力に比べると挟む幅が格段に大きい。
そして、台座は回転と固定ができるようになっているので決して広いとは言えない工房にはもってこい。




次の写真は制作途中の作品をちょっとだけお見せする。
この作品は、以前紹介した、下書きなしに彫り始める3D&CGの頭脳を持つ仲間の作品。
今回は、可愛い子どもの顔の彫り方に挑戦中とか。

また、4月の木彫展まで、少しずつ紹介していこうと思うので、乞うご期待。

全体は4月の木彫展で是非。




第13回 SASH工房 木彫展
会期(予定): 4月12日(金)〜14日(日) 午前10時〜午後6時
会場: なりわい交流館 小田原市本町(駅から徒歩13分)
※詳細は追ってお知らせ致します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。