スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木彫展 始まる

2013年4月12日


週末は木に触れて ①  「タイトルは難しい。」


いよいよ、始まりました。昨日(11日)から14日(日)まで。
ちょっと、昼の明るさに、飛び気味ですが・・・これが、なりわい交流館です。



今年の目玉の一つは、案内状でも紹介したあの逆さまの作品。

作品名の札をつくっていて・・・???
そもそも聞いていたコンセプトに見合うタイトルがみつからない!。
「波乗り…」・・・・これか?




いや、ちがうんじゃないの?と他の仲間と勝手に論議。でもね、勝手といっても、いつも工房で制作意図や作風など自由に意見交換しているし、その制作過程を見てきているからの率直な意見でもある。

そんなわけで、開催期間中ですが・・・タイトルが変わるかも。

「空から」に


上の作品名は「????」さて・・・


作品そのものが伝えるメッセ−ジとともに、「タイトル」には作者の想いが集約されている。
工房の仲間は、制作の過程を共有しているからこそ、木彫展に来て頂いたゲストに、作者がいなくても仲間の作品の説明が自然とできるようになります。

お気軽に、声をかけてください。


【開催中】
第13回 SASH(サッシュ)木彫工房 木彫展
会期: 4月11日(木) 15:00-19:00
    4月12日(金)〜4月14日(日) 10:00-19:00
会場: (小田原宿なりわい交流館
)
スポンサーサイト
コメント

No title

こんにちは。

タイトルにまつわる話。 同感です! 

作品には、出展者の思いやメッセージが凝縮されているからこそ、見る人に端的に伝わりやすいタイトルをつけるのが 一番。

でもそれがけっこう難しい・・・。

なので、写真展の私の2作品の様に タイトルが入れ替わっていて、私も気づかず(苦笑)

後半に訂正しながら 「どっちでも通用するタイトルを付けたって事ね・・・」と少し反省でした。

工房の仲間は、制作の過程を共有しているからこそ、木彫展に来て頂いたゲストに、作者がいなくても仲間の作品の説明が自然とできるようになります
  ↑
いいですね。 ただ木彫展にお邪魔するよりもこの記事を読ませて頂き、何十倍も興味関心を持つことができました。

いつか 是非行かせて頂きたいと思います。



No title

>pikoさん

タイトルも難しいですが、面白さもありますよね。

写真展のように、アンケートができると、制作意図や撮った側の意思や想いが伝わっていることで、喜んだり、一方で、全然ちがう見方に新しい発見があったりするのも楽しいですよね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。