スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぶき展 最終週

2013年4月12日


週末は木に触れて ② 「小田原・木のなりわい」

小田原箱根地域の木工会を背負って立つ若手の匠14人の作品が14日(日)まで、南町清閑亭で開催中。
伝統工芸である小田原漆器、箱根寄せ木細工をはじめ、指物や木製玩具など、伝統に裏打ちされた技と若い力が融合しておおくの創作作品を生み出している。

 清閑亭 玄関


 清閑亭 座敷(喫茶&ケーキも楽しめます)


 2階 廊下の展示(寄木のストール)



 清閑亭 蔵

【予告】6月には、おだわら無尽蔵プロジェクト・文化芸術により、 Art Now 2013がここ清閑亭で開催されます。彫刻家・北村憲司氏とSASH木彫工房の仲間は、この蔵で作品展示を行う予定です。




第4回 いぶき展
会期: 3月31日(日)から4月14日(日) 11:00-16:00  (火曜日定休)
    (最終日は、15:00まで)
会場: 清閑亭
    いぶき会 Blog
スポンサーサイト
コメント

お疲れさまでした

定期ツーお疲れさまでした。修善寺にもたくさん木彫がありましたよ~。
温泉街だとさらに風情がありました。

No title

おおおお。修善寺には木彫がたくさんあるんですか〜

街中は通り過ぎるだけでじっくり歩いたことがありません。

たまには、ゆったり歩くことに面白さを見いださないと・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。