スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お堀端

2013年5月3日


富士山は文化だ。



小田原のGWといえば北條五代まつりでしょう。
一時は千人にも届く勢いであった北条の武者が通るのがお堀端通りである。

駅からこの通りを来て堀と赤い学び橋が見えるところにお堀端画廊がある。
ふと見た絵に見覚えが…
そう、4月の木彫展のときに仲間が持っていた個展の案内状にあった桜の絵だった。

大門雅総氏の油絵である。
会期 5月6日(月)まで 10時から18時(6日は16時まで)
会場 お堀端画廊

これは、油絵ではないが、顔料11色を使った特殊印刷のハガキ大の絵。携帯の画像ではその色が表せなくて申し訳ないが載せてみた。枝垂れ桜のピンクが印象的な絵もあったが、このお堀の絵を選んだ。


 平和なGWの足柄平野。松田山(左下方には東名大井松田IC)から見ると酒匂川の幅に改めて驚く。正面に相模湾と大島、右手には真鶴半島に初島、遠くに大室山、そして箱根外輪山、ここからもう少し進むと、富士山も見えるんです。


 河口湖から芦川に抜けると、山は萌葱色。

 世界遺産にノミネートされた富士山。自然だけでは、登山者の捨てるゴミで通らなかったことから、浮世絵や詩、信仰など、人々の生活文化に浸透しているという、文化面を強調してプッシュしたらしい。
しかし、三保の松原?がはずれたとか?、工業地帯などへの今後の規制など、いったいどこまでを範囲に申請していたのか???

いずれにしても、遅かりしと思えども、富士山と長嶋は◎であろう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。