スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丑久保健一 第2回春季展は6月30日まで 

2013年5月6日


食もまた文化、木もまた文化、そして作品は芸術だった


GWの宇都宮への東北道は予想通り混んでいた。駅前通りまではみ出た列は多分正嗣の列。
ミンミン餃子は、2時間以上待ちの長蛇の列。
食文化には、忍耐も隠し味の一つなのだろうが、待ってまで食べようとは思わないので、テイクアウトにした。
さて、宇都宮は浜松から日本一奪還なるか?

餃子を食べにくると顔を出すSLEEK。お店の前のディスプレイがおしゃれ。


丑久保ギャラリーは日光街道からちょっとはいった篠井小学校のすぐそば。
今年は駐車場もきれいに整備されていた。
アトリエに展示してあった作品「ピアノ線」。こんなに大きいとは思わなかった。


居間には案内状にあった作品「懸垂線の見える風景」。


「交叉」が壁にあった。


また、和室には1987年に「1・0・∞ 海のピース」を黒潮に流したときの映像で丑久保健一氏と立松和平氏に会えた。
丑久保氏の感動の笑顔がとても印象的だった。

春季展2は、6月30日までやっているので、餃子や湯葉などの食、日光の歴史資産、鬼怒川の温泉などなど、目的はいろいろでも、宇都宮方面にお出かけの際は是非立ち寄っていただきたい。宇都宮ICから10分程で着く。


そんな訳で、夕方の渋滞を避け、月山で湯波(←この店のこだわりか?)と豆腐懐石をゆっくり賞味してから帰路についた。

丑久保健一 春季展2


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。