スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルムパーティ Art Now 2013

2013年7月8日


花と書


最後まで、親父の字は達筆すぎて読めなかったが、書は難しいが好きだ。
花は、母親の生け花を物心ついた時からずっと見ていたので、習った訳ではないが一応うるさい(噓です、わかりません)。

おだわら無尽蔵・文化芸術 ART NOW 2013の作家が7月6日(土)の午後、清閑亭に集まってのフィルムパーティがあったので顔を出してみた。
なにそれ?と思う人に少し説明が必要だろう。私も初めてだったが、要は、全部の出展作品を皆が見れた訳でないので、写真に撮ってそれを映し出しながら、作家が作品の話をしたり、コメントをもらっり、輪を広げるのも目的の一つ。
竹作家、デザイナー、彫塑、木彫、写真、陶芸、花と、それぞれの作家の美味しいお話が聞けた。


まず、最初の写真は、「叫び」by SHIZUKA

DSCN1585 叫び
作者の言いようのない悶々とした気持ちを真ん中の黒の枝に載せ、白い細い枝でそのしがらみを表現したそうな。周りの中空にはある白い羽は、その苦しい気持ちから解き放ってくれる力を表しているとか・・・

作品に対する、タイトルは、個人的には「あった方が良い」と思う派だが、
作者によっては、「かえって見る側の自由な想像を制限してしまう」ということから、あえて付けない派もいる。

まぁ、作品にもよるかな?と。

実は、作者には失礼だが、この写真は作品を裏側から撮っている。
なによりも、光の入り方から、正面からが逆光であったことから、全体を見せるにあえてこっちを使ってみた。

次は、お生花?である。

DSCN1591 渋谷 はらん
これも敢えて上からの写真を載せてみた。
素材を手でしごくことで思った通りの曲線を形作るのも技術。最初から、こんな風に曲がっている訳ではない。


さてさて、我々の展示の後の蔵を飾った作品の一つがこれ。
タイトルは「飛流」
李白の詩を形にしたもの。
DSCN1588 飛流 李白 稲沢
この力強さは、素晴らしいとおもった。

水墨画?、それとも書? 

日本画だそうです。
画材の違いですね!


稲澤美穂子氏 HP


ART NOW 2013は、7月8日(月)、終了致しました。ご来場いただいた皆様、また、ここでご覧頂いた皆様、ありがとうございました。

清閑亭のHPにもArt Now 2013が掲載されています
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。