スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉岡知広 チェロ

2013年8月1日


真夏に奏でるバッハ
小田原楽友協会 第58回演奏会は、新進気鋭の吉岡知広氏を迎えて、

J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲

《STAGE 1》
第1番 ト長調BWV1007
第3番 ハ長調BWV1009

《STAGE 2》
第4番 変ホ長調BWV1010

CA393710.jpg

これからが楽しみな若い感性
吉岡知広 YOSHIOKA Tomohiro
1988年、小田原生まれというから弱冠25歳の新進気鋭のチェリスト。6歳でチェロを始め、桐朋女子高校音楽科(共学)、桐朋学園音楽部門を卒業。
2011年からは、ライプツィヒ音楽演劇大学大学院に在学、2012年ライプツィヒ・ゲヴァントハウスオーケストラに研修生として在籍している。


<バッハの今の(主流)の解釈を!>
今回のコンサートのコンセプトが分かり易く小田原楽友協会のHPに吉岡さんのメッセージとして載っていたので紹介しよう。

オールバッハプログラムということで、この暑くじめじめした日本の夏に少しでもドイツの風を感じていただけたら幸いです。
今私が学んでおりますドイツのライプツィヒという街は、バッハの聖地と言われる所で、彼はトーマスカントル(聖トーマス協会の楽長)として1729年から亡くなるまでの21年間この街に住んでおりました。
今でもバッハ研究の最先端の町ということで、様々な新しい解釈などが生まれております。
本日のコンサートでも、その今の(主流)の解釈を皆様に知って頂けたら幸いに思います。
バッハの無伴奏というシンプルでいて奥の深い世界を、短い間ではありますが、ぜひ堪能してください。  (吉岡知広)
 
(小田原楽友協会 第58回演奏会HPより)

また、小田原楽友協会では、小学生、中学生は、無料鑑賞もできるので、こういう特典は是非多くの人に活用して欲しいですね。


日時: 8月18日(日)午後4時 開演
会場: 小田原市民会館大ホール
入場料: 3,500円(自由席) 当日も可

問い合わせ: 小田原楽友協会事務局 電話 0465 23 3881


コンサート情報をクリックしてね
小田原楽友協会のHPはこちら
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。