スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラシと市民会館


2013年8月31日



チラシの挟み込み


毎回コンサートに行くと、プログラムと一緒にたくさんのチラシが配られる。
昔は、それぞれの団体が、コンサート開場前のチラシの挟み込み作業に、役員やらスタッフが出向いていた。
お互い様といっても、やっていた、やったことのある人はわかると思うが以外と時間がかかる作業である。
しかし、最近はこのお手伝いの人を見かける事が非常にすくなくなってきた。

ひとつには、小田原文化サポーターのレセプショニスト活動の活発化から、この作業を請け負ってくれているからだろうか。
しかし、その費用が500円とは、あまりにも甘え過ぎではないか。ボランティア活動にはいろいろあるのだが、その全てが無償という考えはそろそろ捨てた方が良いと思う。

さて、その挟み込むチラシだが、コンサートや演劇など、期待される来場者数にもよるが、10から15部になることも多々ある。
まぁそれぞれ、デザインはもとより、キャッチコピーなどもいろいろ工夫して作られているが、その誘客効果は果たして何パーセントなのだろう。
劇場やコンサート会場に来る限られた人たちに配るだけで十分と思っている団体は少ないと思うが、ではそれ以外の場所で誰がこれらのチラシを目にし、手にしてくれるのだろう。


下のチラシは、先日の小田原楽友協会のバッハ無伴奏チェロ組曲(チェリスト・吉岡知広)の際に配られたチラシの一部である。


9月28日の小田原市文化祭オープニングイベントのひとつであるチャリティーコンサート
小田原少年少女合唱隊50周年記念コンサートと隊員募集
小田原楽友協会第60回演奏会 10月の菊池直子ほかジョイントコンサート
小田原楽友協会第61回演奏会 12月の陽麗貞ピアノリサイタル
それに、混声合唱団小田原木曜会45周年記念などなど

さて、下のチラシはKAAT関係も含めたチラシのいろいろ


さて、この中から貴方が手を伸ばすチラシは・・・・

チラシは否定しないが、チラシに結びつけるメディアミックスがますます求められる。と同時に、発信する側こそこのことを真剣に考えないと・・・ね。


そして、この写真は小田原市民会館の階段である。50年以上経っているとは思えない綺麗な階段である。

ここで、最初の画像がなんなのか、気がつく人は相当マニアックというか、2階席が好きな人かもしれない。


そして、この写真をみて、Aha!「なるほど」と気がつく人がほとんどであろう。
市民会館の1階の壁である。そして、1枚目は2階の壁、というか両方とも壁画と呼ぶべきであろう。

機会があったら是非、小田原市民会館のイベントに行って、見てみてほしい。

小田原市民会館の9月の催し物はこちら
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。