スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黛まどか 「B面の夏」

2013年9月12日

B面の夏

実は、黛まどかさんに会ったことがある。

「B面の夏」(角川文庫)が発刊され、女性限定の句会「ヘップバーン」を東京で主宰しはじめた翌年の平成7年だったかな。
講演会の参加の課題で詠んだ俳句が、はからずも特選!をいただいた(^^)v

まぁ、それから18年近くお会いしてないが、9月28日(土)に小田原で清閑亭、松永記念館、小田原文学館など、明治、大正時代、多くの政財界時の別荘地として栄えた小田原に残る邸園を回りながら俳句を詠む
「黛まどかさんと歩く邸園俳句吟行会」が開かれるらしい。


黛まどか吟行会「キャンパスおだわら9月号」

また、午後には「まちあるき観光と邸園の魅力」と題したフォーラムのパネリストも務めるとのことだ。
フォーラムと吟行会の詳細はこちらをクリックしてね


まぁ、覚えているとは思わないが、時間があれば参加してみたいが・・・
28日の当日は、以前からここでお知らせしている市民文化祭のオープニングイベントの一つの「トーテムポールを彫ろう」に工房の仲間と参加する初日であるため、時間が自由にならない。

誰か、私の代わりに行ける人は是非参加してみて下さい。
俳句はどうも・・・・という人は、是非、小田原市民会館の「おもしろ体験ひろば」それも木彫に挑戦してみてくだされ。
「トーテムポールを彫ろう」についてはこちらをクリックしてね


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。