スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーテムポール 1日目(2時間連続)


2013年9月28日


トーテムポールを彫ろう 1日目

小田原市民文化祭の初日。@小田原市民会館
彫刻家・北村憲司氏と木彫工房SASHのコラボ企画の始まりである。


いや~ 子どもの可能性は無限大だ。

トーテムポール彫りに申し込んだ子どもには、事前にA4サイズの紙いっぱいに彫りたい顔を描いてくる宿題をだしていた。
朝10時に現れた男の子(小学3年生)がもってきたのは、ポケモンのキャラクターのカード!
まずは手のひらサイズのカードから直接丸太に描くことに。
「子どもには、鑿と木槌で、丸太に向かって彫って欲しい!」そんな体験をしてもらいために、北村先生が基本からマンツーマンで直接指導を始めた

作品を仕上げることが目的ではないが、やはり自分で描いた顔を彫ることに意味がある。

鑿の叩き方、鑿の入れ方、角度の変化、体の向きや立ち位置まで、実践を通して教えていく。

小3には難しいかと思ったが、なかなか筋がいい。
鑿を変え、立ち地位を変えながら、重い木槌を強弱をつけて叩き続けた。
2時間経ってやっと「疲れた」と言った。

また明日来るって!



トーテムポールを彫ろう 間伐材の皮むき
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。