スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーテムポール 2日目


2013年9月30日


トーテムポールの彫ろう 2日目


29日の日曜日の体験は午前中のみで、事前予約が二人。
当初はもっと多くの子どもたちの参加を期待していたが、2mの丸太に一度に取り掛かれるのは2人が限界と悟った次第で。

実は、参加申し込みの締め切りの段階で人数が分かったので、森林組合から提供いただいたヒノキの間伐材の1本は、子どもたちの作品。もう1本を、急遽、工房(木彫工房SASH)の仲間で、トーテムポールを彫ろうという話が出来上がっていた。

木彫のデモンストレーション、まぁ2日間限定の「アーチスト イン レジデンス」みたいなものです。

しかし、事前予約と現地で飛び入りの体験の子どもたちへの指導は、やはりマンツーマン。
2日目は、カブトムシを彫りたい小学1年生とおたまじゃくしとカエルを彫りたい小6の子どもに2時間付きっ切り、そして大人が彫っているトーテムポールを見て「これを彫ってみたい」という飛び入りが4人となり、午前中は大忙し。
自分たちのトーテムポールを彫る時間がどんどんなくなっていく(汗)

(写真) 子どもたちの作業風景・真剣な取り組みは後ほど掲載します)

小学生で、鑿を木槌で叩く経験はなかなかできないであろうが、1年生から6年生まで、基本から厳しく(笑)、安全に、木彫体験を楽しんでくれたとおもう。

結局、手のすいた人は、時間を見つけて彫って、時に1本のヒノキに4人がかりで彫って、彫って・・・。

体験コースが終了し、午後は、彫りの仕上げと色付けに専念。美大出の助っ人も参加して2日間の最後の3時間、集中作業に汗を流す。
昨日参加した、小3の子も再びやって色付けに満足気だ。


私自身、最近こうして木に向かうことがなかったので、とても楽しく木槌を振るうことができた。

今のところ、筋肉痛はない。


このトーテムポールは、10月1日(火)から、小田原市民会館1階ロビーに展示される予定なので、見てみて~。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。