スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風がWなら、絵と演劇もWな週末

2013年10月24日


本当に小田原は毎週、毎週忙しい。


スケッチングウォークの会 小田原グループ展


案内状をいただいていたので楽しみにしていたグループ展が今日からはじまったので早速見にいった。
東海道を描き終わって今度は中山道六十九次にチャレンジということで今は塩尻まで辿り着き、次は大勢で三十四番目の奈良井宿にでかけるそうだ。

中山道というと信州をイメージしがちだが、その日本橋から一番目の宿は板橋。案内状にも使われている知り合いの絵はその板橋宿亀の子たわし本社だ。



111人の絵に出会える銀座通りツノダ画廊を是非覗いてみてはいかがか。

会期 10月24日(木)〜29日(火) 10:00-18:00  (29日は16:00まで)
場所 ツノダ画廊 小田原市栄町1-16-15  電話0465-22-4263

3月のスケッチングウォークの会の様子はこちら


さて、毎回小田原物をとりあげ、好評を得ている小田原の老舗劇団
こゆるぎ座の第61回公演は今週末。

小田原情話 「網」

網を張られるのは、何も魚ばかりじゃありません。
人さまだって、生まれたときから眼に見えない網を張られて、あくせくと生きていくんです…




「海は少しも渝(かわ)っちゃいねえ、渝(かわ)ったのはにんげんサマだ」 劇中セリフより

 西相模の潮風の恵に包まれて、濃い緑の丘陵に点々と色を染めるみかんの実り。寄せては返す潮騒の磯の香り。相模の静かに波立つ海原の沖へと張り出した鰤(ブリ)の定置網。
わが町小田原の風土を象徴する印象深い一コマとして、古くから人々の脳裏に深く焼き付いている風物詩でありました。(中略)
 さて、今回の上演作「網」は副題に・・・小田原情話・・・と表したとおり、昭和40年代初期、小田原宮小路・船頭小路(千度小路=せんどこうじ)界隈を舞台に据えた人情秘話。寒鰤漁にその生涯かけた男(網元)の意地とロマンをテーマ。
 第61回公演 口上 劇団こゆるぎ座 代表 関口秀夫 より一部引用


10月26日(土)午後6時 開演
10月27日(日)午後1時 開演

場所 小田原市民会館大ホール
入場料 1,000円

当日券もあるそうだがぜひ前売券の確保をお勧めする。

前売券は、市民会館、平井書店、伊勢治書店など。


市民会館本館ではいけなば展も開催しているので、観劇とセットで楽しむのも。
第64回いけばな諸流展も市民会館で開催中
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。