スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト イン レジデンス ARIO

2013年11月6日


Artist Residence in Odawara 2
2013第2回ARIO展覧会


国内外10人アーティストが、あの二宮金次郎の生誕地にある尊徳記念館(小田原市栢山)で10月に制作した作品が、清閑亭で展示されていたのを見たのは10月末(10月31日まで)だった。


廊下に描けられた富士山の絵 "Expecting in Fuji" by Lidija Seler(クロアチア)
「富士に期待」とあるが、さて・・・拡大してみてみて。



"Ikebana for Noriko san" by Lidija Seler(クロアチア)

相模湾と伊豆半島を望に、秋の日差しが奥まで差し込む2階の和室に、飾られた作品は、一つ一つにタイトルがつく。


拡大してみる必要があると思うが(画像をクリックしてね)、左から"Blue Sky" "over flow" "Atmusphere" by 利根川佳江


1階和室や蔵にも展示があった、全部を見ることはできなかったが、この日の清閑亭は、秋の陽の光をいっぱいに輝かせていた。こんな日は、庭をゆっくり散策するのが気持ちいい。

今回の第2回ARIO(アリオ)の作品は、11月2日から10日(日)まで、すどう美術館(小田原市堀之内)で展示されている。
数寄屋造りの日本建築で見る作品とすどう美術館とは、場所も雰囲気も違うので、時間がある方は是非、すどう美術館へ足を運んでみてはいかがか。

また、同美術館のHPでは、作家の制作現場、ワークショップやコンサートなどの様子も見れるので覗いてみてね。

すどう美術館のHPはこちら
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。