スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 続 「ウスリー草原のヤポンスキー」

2013年12月14日


名前の由来って

1980年夏の甲子園で大フィーバーとなったのが、早実の荒木大輔、その9月に生まれ、荒木のように甲子園で活躍するようにと命名されたのが松坂大輔だそうで、「大輔」はその年の新生男児の名前第1位だったのは有名な話。

また、最近の子どもたちの名前は昭和の人間にとっては、想像の範囲を遥かに越えている。
名前に使える漢字には制限があることは名前をつけた立場でもあるから知ってはいるが、今のような使い方まで考えも及ばなかった。
流行の名前は「キラキラネーム」とか呼ばれ、まず読めないものが多い。
ちなみに去年の男と子の第1位は「大翔」で、読み方だけでも、ひろと、たいが、はると、やまと、たいぞう、つばさ、
女の子の名前では、「結愛」で、ゆめ、ゆうめ、ゆいな、ゆい、ゆら、
続くは、宝冠(てぃあら)、「希空(のあ)」・・・

ほう!と感心するが、う〜ん、普通に読めない(汗)。ひらがななら「音」もあるだろうが、漢字となる・・・
いずれにしても、読めない名前は学校の先生に限らず、いろいろなところで苦労するのだろうと思う。

さて、周りの人に聞いてみたところ、ほとんどの人が「親から聞かされた」「親に聞いた」という。「住職につけてもらった」とか、「画数で決めた」、「響きが好きで名前には是非使いたかった」、「漢字の持つ意味を重んじた」とか、いろいろだった。
「素敵な名前ね」とか「いい名前だ」と言ったり、言われても、「名前の由来は?」とは、あまり聞く事はなかったが、最近は、幼稚園や小学校などで、自分の名前の由来を紹介する授業などもあるようで、あと付けで意味や由来を作った親も中にはいるようである。

私の母方の従兄弟は、なぜか私の母が名付け親とか??そうなった理由と名前の由来や想いは、今となっては知る由もないが、三人の従兄弟の名は、それぞれの性格と生き方を見ていると「合っている!」と思う。


さて、いつもの事ながら、また前振りが長くなってしまった。

あえて「続」と付けて「ウスリー草原のヤポンスキー」の続きを書くのは、この本の巻頭の「あいさつ」に「浦子」とある筆者の娘さんの名前の由来にある。

疲弊した軍隊生活、戦場、そして終戦の後も2年以上にわたる酷寒の地シベリアでの、飢餓と過酷な強制労働、友の死を目の当たりにしながら耐えて、生きて、そして復員できたとはいえ、決してよい経験、思い出とは言えないはずなのに、この本を読んでいると、なぜかあたたかな気持ちになる。

それは、戦争の悲惨さ、抑留生活の厳しさ、理不尽さを伝えるだけでなく、人の強さと温かさに支えられたことが、その後復学し、教育者としての道を選んだ筆者の中で、悲惨な体験もいつしか昇華し、未来への期待となって書き込まれていたからであろう。

そして、それは、筆者が長女の名前に込めた三つの思いにも表れている。
文学青年であった筆者の好きだったのであろう萩原朔太郎の詩に出てくる「浦」という名の女性、海に面した尾鷲で生まれた子、そして最後にロシアの言葉で「すばらしい」と感嘆を意味する「ウラー」をあわせて「浦子」と名付けた、とある。

聞かなければわからない名前の由来、親の子に対する思いの一端を覗かせていただいたようで嬉しく思った。
とても、幸せで素敵な名前だと思います。


<一部引用> 「ウスリー草原のヤポンスキー」 中岡準治著 文芸社 2000年

伊達じゃないよ、本の「帯」

スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。