スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月大棚浚え その2

2016年2月1日

YASUDA BURGER
カミイチ

さて、貯めに貯め込んだ1月の大棚ざらえ第2弾は、第4土曜日開催のカミイチ。
週末はタイトスケジュールなのですが、忘れるところだったカミイチに出かけました。
暖冬で早々と梅の花が咲き始めて梅まつりを心配したところですが、上府中公園のそばの梅林の花はまばらで、一安心でした。
さて、この日は天気が崩れる!気温が下がる!予報から、いつもより出足が悪いようでした。
出店しているpsipsinaでまずはカンパーニュを確保し、ぐるっと見て回りました。
カミ玉造
大磯市(マルシェの市(イチ))の常連の玉造ガラス工房さんも出ていました。ミズキや白樺の枝を輪切りにした台座が新しい試みとか。ヒメシャラなんかもいいかもね!

<YASUDA BURGER>
キッチンカーが並ぶエリアでひときわ長い列ができていたのがYASUDA BURGER
普段は列に並んでまで食べることはしない私ですが、一回りしてくると少し短くなっていたのと、昼どきになっていたのでちょっと並んでみました。
YB1YB2
後ろに4人並んだところでオーダーストップとのこと。ギリギリセーフでしたね。
カウンターに4〜5個並べて作り上げていきます。おみごと!見せますね〜。
YS紙YB3
スペシャルが1,500円、アボガドバーガー1,000円などいろいろありましたが、チリビーンズ(1,000円)にしました。
バンズの黒糖は好みが分かれるところでしょうが、おいしかったです。
パテ2枚のダブルバーガーもあるようですから、ボリュームを楽しみたい方にはお勧めでしょうね!

巷で苦戦している安いバーガーと比べるとお高いと感じる方もいると思いますが、この手の本格バーガーは十分価値ある価格ですから機会があれば是非お試しください!

YASUDA BURGERは、お店を持たず、このキッチンカーでのみ営業しているということで、イベントではいつも人気のお店だそうです。この日はカミイチ初出店だったそうで、ラッキーでしたね。


<青い空>
昨年末は、PM2.5の影響か、こんな空の日が多かった(写真左)ですが1月末は天気の良い日が続きましたね。分布(1月30日のPM2.5分布予想図)もこうありたいものです。
pm空PM25末大雪予想は外れましたが、南岸低気圧のおかげでしょうか?

富士山の写真はよくアップしますが、丹沢・大山も小田原からはよく見えるのです。雪の後は特に綺麗ですね。
たまには中井からの眺望をお届けしましょう。
富士中井丹沢大山

忙しい日曜日を乗り切る

2106年1月18日

久々に朝から動き出しました。
天気が崩れるといわれていましたが、朝は日差しもあり思いの外、野外でも快適でした。

<木こりの木馬=朝>
昔は、日曜日は朝6時に起き、朝から森林整備にいそしんだものですが、また暇を見てお手伝いに出かけたわけです。
木馬たち

昨秋のアンデパンダン展でも紹介した木こりの木馬の製作も最終段階ということで、仕上げですね。
この季節、気温が上がってくるまでは、焚き火をして暖をとります。
きれいになった
今日は、出来上がった木馬にチーム名(Freak's)を彫った後、井戸水のお風呂に入れてあげました。
といっても、この季節、井戸水は温かいのですよ。一年を通じてだいたい15℃くらいあるので夏は冷たく、冬温かいのが井戸水なんです。

そんなわけでお風呂上がりでサッパリした木馬です。ん?木馬に見えないですか??
そうなんです、森にはイノシシやウリボウもいるのですw
できあがり
さっぱりした木馬には、いつまでもツヤツヤでいるようベビーオイル(木質系防腐剤)を塗ってあげます。
しかし、焚き火を背にした作業は暖かで快適でしたが、少し風向きで煙に巻かれる時もあり、煙の匂いが付いてしまうのではと少し心配でした。
その結果はというと、靴のソールが焚き火で溶けていたことでした(。>ω<。)ノ
⚫️フォレストフリーク

<楽友協会第66回演奏会=午後>
昼前に木馬づくりを切り上げ、市民会館へ。作業着からジャケット&タイに着替えて、昼から漆原朝子さんのヴァイオリンコンサート「フランス・ベルギープログラム」のお手伝い。
開場の2時頃になると気温が段々下がってきました。

リハを少し聴けました。素晴らしい音色でしたね。
いいプログラムなので、もっと多くの人に足を運んで欲しいものです。

さて、いつもは終演から打ち上げまでお付き合いするのですが、この日は大変忙しく小田原駅に向かいます。

<友遠方より来たる、また楽しからずや=夕方>
新宿にはロマンスカーが快適です。
昔は小田急の終点は小田原だったのです。大正期の発足当時は小田原急行鉄道株式会社といっていたんです。

昭和の時代は急行が箱根湯本までいっていましたが、小田原からは、箱根登山鉄道に乗り換えが基本でした。箱根登山電車は、軌道の幅が違うため小田原〜箱根湯本間は3本のレールがあるんです。
今はロマンスカーの終点は箱根湯本で、小田急のCMは箱根、箱根のオンパレード。これも発足当時の目論見と同じであるですから当然といえば当然なのでしょう。とはいいつつも、さすが週末は小田原で降りてくれる(乗り換えだけか?)お客さんもいてくれてなによりです。
小田急1
さて、あまり見上げることなのない駅の屋根ですが、ここ小田急小田原駅では高くて明るい屋根がホームに降りる時に普通に視界に入ります。

西口に出ることが多い新宿駅ですが、久しぶりに東口に出てみましたが、ケギ混みでしたね。

楽しい時間はすぐに過ぎてしまうものですね。
小田急2
さて、新宿の夜はまだまだ更けていませんが、帰りのロマンスカーは10分前でも指定席!

予報通り、夜の小田原は雨でした。

忙しかったですが、充実した1日でした。

大磯

2016年1月2日

相模湾

小春日和とは、11月から12月にかけての暖かい日を言うそうです。
ベテランアナウンサーは、11月と習ったようですが・・・暖冬なのでしょうか?4月の気温とのことです。
小田原は今日15度まで上がったそうです。まぁ、暖かい方が楽でいいですね。
OISO.jpg
今日は、大磯に出かけました。
ロングビーチの駐車場からの相模湾です。

帰りは、国道1号線をゆっくり帰ってきましたが、すでに沿道には箱根駅伝応援の人たちが並び始めていました。
まだ、先頭は藤沢から茅ヶ崎に入ったところなのですがね。
途中で、応援の旗をもらいましたが、帰宅してゴールまでをテレビ観戦しました。最近低迷続きで・・・。

さて、元日は箱根神社に初詣に行ってきました。
芦ノ湖
参道手前からの芦ノ湖です。海賊船が2隻。
階段
階段下で待ちます。上庭が空くと、50人ずつくらいで順番に上がります。階段途中で待つのは危ないですからね。
上がった頃には、下で待つ人はいませんでした。4時半も過ぎると人ではひと段落なんでしょうね。
昨年は、この時間から雪になりました・・・
箱根神社
やっと本殿。ここまでくればもう直ぐです。

今年は、雪も降らず往復3時間でした。

さちのか & oz cafe

2015年12月22日


さちのか 小田原産いちごはどこで買えるの?
& oz cafe 5周年



<さちのか>
今更ですが、昔、いちごは春の食べ物でしたが、今やこの12月のクリスマスが最盛期と。
そんな12月に小田原産のいちご「さちのか」をいただきました。
さちのか
まぁ、小田原産にかぎらず、「紅ほっぺ」とシェアNo.1の「とちおとめ」は、スーパーでも見ることがありますが、この「さちのか」はあまり見かけませんね。
さてこの写真の色は濃い鮮赤に見えますが実際の色はもう少し濃いくらいです。そしてとても大きいのです。
それと食べ応えのある硬さと甘さと酸味が絶妙です。
大きくて甘いいちごは数あると思いますが、是非見かけたら買って食べてみてください。新しいイチゴが味わえますよ。


<oz cafe>
さて、先週末からいろいろありましたが、またまた遅ればせながらレポします。
前々回の記事でお知らせしたoz cafeの5周年のマルシェとワークショップに出かけてみました。
富士
まずは、茅ヶ崎からの富士山です。
oz1.jpg
oz cafeは、鉄砲道の南側にあります。
この日は、2Fのショップでのクリスマスオーナメントのワークショップや3Fのスペースでマルシェが同時開催。
ws1
ws2
目ざとく見つけたシュトーレンを売り切れる前に確保しました。

<小田原往復>
さて、この日は、他にも用事があり途中抜け出して小田原往復。海岸道路が大磯の西湘バイパス入り口まで2車線になり以前ならほぼ不可能な週末の小田原往復がスムーズにできました。
SBP青
茅ヶ崎から小田原に。正面に箱根の二子山が見える西湘バイパス二宮イC付近。
橋1
小田原から茅ヶ崎にとんぼ返り。馬入(相模川)を渡る湘南大橋。

カレー店に戻って少し遅めのランチはこの日だけのワンコインチキンカレー!蜂蜜をたっぷり入れたジンジャーレモンティーと一緒にたのしみました。

<T-SITE>
TSツリー
さてさてさて、長い一日はまだ終わりません。茅ヶ崎からちょっと足を
伸ばしてSHONAN T-SITEへ。
そうです、あの蔦屋書店がプロデュースする新しい本屋さん!
ここはまた改めてゆっくりこないと見きれませんね。

きこりの木馬 READYFOR?

2015年10月24日

きこりの木馬を子供たちに贈ります
READYFORにご協力を


小田原市文化祭のオープニングで開催されたアンデパンダン展にも出品し
好評を得た「きこりの木馬」
moblog_49035afd.jpg
NPOフォレストフリークでは、パワースポットとしても有名な箱根・九頭龍の森の整備ででる伐木、倒木を利用し、
オリジナル木馬を製作しています。この春には、箱根の森小学校に「きこりの木馬」4体を贈りました。
木馬

本年度、NPO法人フォレストフリークでは、箱根町の小学校・幼稚園・保育園など8施設に"森の妖精「きこりの木馬」を子供たちに贈りたい"事業を始めました。

クラウドファンディング「READYFOR?」は、Webで賛同者、協力者を得て、この事業の資金調達を図るシステムで、この事業のために、フォレストフリークはのこのシステムを活用し70万円の寄付を募ります。
寄付は、3,000円、10,000円、30,000円、50,000円、100,000円が選択できます。応募方法は"READYFOR?"の右側をクリックしてみてください。また、それぞれには「地方納税」のような「豪華なお返し」はできませんが、ささやかな御礼を考えています。

新しい試みですが、「きこりの木馬を子供たちに贈りたい」プロジェクトの拡散とご協力をいただければ幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。